運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

スポーツファーマシスト

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『スポーツファーマシスト』3.薬学生からスポーツファーマシストを視る

『スポーツファーマシスト』3.薬学生からスポーツファーマシストを視る

2013年09月10日 (火) 09時00分配信 投稿日:13/09/10 09:00 icon_view 596view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 596view

~大学生から見たスポーツファーマシスト~


■スポーツファーマシストの認識と現状

私がスポーツファーマシスト(以下SP)に興味を持ったきっかけは、競技者として活躍している友人から「病院で薬を処方してもらったとき、薬剤師に相談したらドーピング検査で陽性にならない薬にしてくれた。競技生活を続けながら、安心して薬を飲めるんだ。」という一言を受けたことでした。そこでSPについて詳細に調べたところ、「最新のドーピング防止規則に関する正確な情報・知識を持ち、競技者を含めたスポーツ愛好家などに対し、薬の正しい使い方の指導、薬に関する健康教育などの普及・啓発を行い、スポーツにおけるドーピングを防止することを主な活動とする。」と定義されています。公認SP認定制度はスポーツと薬学という一見関係が無さそうな二つの分野が融合しているように感じられ、非常に魅力的で憧れの制度です。

SPでなくても薬剤師である以上、スポーツやドーピングに精通していないからという理由で患者からの相談を断ることは有り得ません。将来、私はその友人のような患者が相談に来たときにしっかりサポート出来るような薬剤師になりたいと考えています。人によっては、薬の服用に関する不安があっても誰に相談すれば良いか分からず、服用をやめてしまうケースもあるようです。そのような場合、気軽にSPに相談することが出来れば、どれほど頼もしいことでしょう。

しかし、新しい認定制度だけにSPについての情報は少なく、資格を活かして具体的にどのような活動をしているのか十分に明らかにされていません。私の周りの薬科大生にSPの話を持ちかけても「知らない。」もしくは「聞いたことがあるけどよく分からない。」という人が少なくありません。一方で今まさに私たちの同世代がスポーツ界で競技者として活躍しているのです。薬剤師にはたくさんの認定制度がありますが、その中でも特にそのような若い世代に対して貢献出来るのが、このSP認定制度だと私は考えています。


(次ページ)■調査研究を通して感じたこと・・・

Good11

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る