新着記事・レポート

カテゴリーを選択

スポーツファーマシスト

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『スポーツファーマシスト』4.薬局薬剤師からスポーツファーマシストを視る

『スポーツファーマシスト』4.薬局薬剤師からスポーツファーマシストを視る

2013年10月15日 (火) 09時00分配信 投稿日:13/10/15 09:00 icon_view 227view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 227view

~スポーツができる健全な身体作りの為に~

■はじめてのプロテイン

私は、幼少期に高熱がでた時、近医において解熱剤を過量投薬され、生死の境を彷徨った経験がある。体力をつけるためにスイミングスクールに通ったが、少しがんばると疲れやすく、身長・体重は同学年の児童の平均よりもはるかに低いままだった。そのようなとき、選手クラスを担当していた男性コーチ(大学生体育系学部)から、個人的に食事や栄養、身体の動かし方や疲れの取り方を教えてもらうようになり、スポーツや健康な身体作りに興味を持つようになった。また、『身体を大きくする魔法の薬』として一口もらったプロテインのにおいと味は、とても衝撃的だったことを覚えている。

■薬剤師とアンチドーピングを意識したきっかけ

2007年に大阪で開催された第11回IAAF世界陸上競技選手権大会において、(社)大阪府薬剤師会および(社)大阪府病院薬剤師会から有志が募られ、本部救護所に薬剤師が出務した。資料や医薬品の供給体制、コミュニケーションなどさまざまな問題が予測されたため、初期に出務した私は大阪市の要請で9日間ボランティアとして参加することとなった。アスリートや関係者の受診が増えるにつれ、最初に準備した医薬品では種類、数量ともに足りず、ドーピング検査にかからない医薬品を選定しながら品目数を増やして対応し、診察時の処方薬の提案や、帰国時のお土産として持ち帰るOTC薬に関する相談も応需した。大会期間中は、例年にない猛暑で、体調不良やこむらがえりの症状が多く寄せられたため、スポーツ医と相談の上発汗によるミネラル分不足予防策を大会本部に提案し、スポンサードリンクにイオン飲料が追加された。一方、薬剤師のパスではドーピングエリアに入ることができず、担当者から「薬剤師がドーピングに関与することでどの様な利点があるのか?ドーピングは薬剤師の専門分野ではない。」と言われ、大きな衝撃を受けた。非常に勉強になり、モチベーションの上がる経験をしたが、薬剤師にとってアンチドーピングとは未開の地だと痛感した。


(次ページ)■薬局での相談応需・・・

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る