運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

スポーツファーマシスト

<<前の記事へ

『スポーツファーマシスト』6.薬局薬剤師からスポーツファーマシストを視る

『スポーツファーマシスト』6.薬局薬剤師からスポーツファーマシストを視る

2013年12月03日 (火) 08時00分配信 投稿日:13/12/03 08:00 icon_view 645view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 645view

~薬剤師がしっかり関わろう!アンチドーピング~


■スポーツファーマシストになった理由

東京都薬剤師会の理事として、各地区で、アンチドーピングに関して講演をすることになりました。これが最初の関わりです。

事務局が作成した資料に基づき、JADAのホームページや、「薬剤師のためのドーピング防止ガイドブック」で知識を仕入れ、「アンチドーピング」「スポーツファーマシスト」についての話をしました。自分自身も、1年目の講習会は抽選でもれてしまいましたが、2年目にJADA公認スポーツファーマシストの資格をとることができました。

ドーピング対象の薬物が細かく決められていること、試合中や試合に関係なく常時使ってはいけない薬物があること、監視プログラムがあること、禁止するものは薬物以外に物理的方法があること、特定競技だけ禁止する薬物があることを学びました。また、試合の日程から、半減期を考慮し使用可能な医薬品を選択することができること、治療用の医薬品のTUE(治療目的使用に係る除外措置)があることもわかりました。

わかればわかるほど、ドーピングを目論む側とのせめぎあいを感じ、アンフェアであり、選手の身体に多大な影響を及ぼすドーピングは許されないことであると痛感しました。

■ラグビー選手の試合出場停止

わたし、ラグビー観戦が昔から大好きです。特に早稲田ラグビー。12月に行われる早明戦は、入場券が「プラチナペーパー」と言われていた時代から、ずっと国立競技場で観戦しています。

2年前、新聞で「Y選手がドーピング違反で2年間出場停止」という記事を見ました。原因は口ひげをはやすため、一般用医薬品の眉毛育毛剤を使ったことが原因とのことでした。なぜ、そんな1類の一般用医薬品をラグビー選手に販売してしまったのか、薬剤師はそれを防げなかったのかと、ほんとうに残念な思いがしました。

彼は、聴聞会で「先進国の日本でしっかりした教育を受けた選手が、なぜ禁止薬物を認識していないのか」と厳しく問いただされたそうです。でも、会社は、「有能な若者の将来を絶つべきではない」と、彼をクビにはしませんでした。彼は、総務として働き、ジムに通い、復帰をあきらめずにトレーニングを続けたそうです。今年、24歳の彼はトップリーグでのプレーを再開します。大型司令塔が再び歩みだします。楽しみです。


(次ページ)■「スポーツ祭東京2013」開催!・・・

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る