新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師力向上セミナー

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師力向上セミナー』8.在宅医が薬剤師に求めること-後編-

『薬剤師力向上セミナー』8.在宅医が薬剤師に求めること-後編-

2014年06月25日 (水) 07時00分配信 投稿日:14/06/25 07:00 icon_view 311view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 311view

■認知症への対応

認知症には図1のように治るものと治らないものがあります。治る認知症で多いのは、慢性硬膜下血腫と正常圧水頭症です。ほかにはビタミン欠乏症でも認知機能が低下することがあります。治らない認知症はアルツハイマー型認知症をはじめとして、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、血管性認知症などがあります。

アルツハイマー型認知症の患者は100万人以上いるといわれており、初期によく見られる症状として、においがわからなくなったり、急に部屋が散らかりだす、といった例があります。また介護してくれる方がお金や大事なものを取ったと疑うのも多い症状です。

これらは〈ドネペジル〉などでコントロールもできますし、〈メマリー〉のようなNMDA阻害剤でもある程度進行を遅らせることができます。

レビー小体型認知症は少々トリッキーなところがあって、意外に専門医が見逃しやすい症例です。たとえば「そこに赤ちゃんがいるよ」と言いだすなど、生々しい幻視が最初に出るのが特徴です。またレム睡眠行動障害といって、夢遊病のように動き回ったのに、翌日まったく覚えていないということもあります。

血圧の変動なども出やすいので、症状のバリエーションが多くてなんか変だと思ったら、この病気を疑ってもよいでしょう。少量のドネペジルが効果的ですし、騒いでしまう人は漢方の抑肝散を1日1包飲むだけでも、かなり抑えることができます。

血管性認知症は脳梗塞や脳卒中を伴う認知症で、脳梗塞などを繰り返すことによって起こりやすくなります。アルツハイマー型あるいはレビー小体型と合併する場合もよくあります。前頭側頭型認知症で特に問題なのは万引きなどの軽犯罪を犯してしまう点です。物事に非常に強いこだわりを見せるのも特徴で、どんな天気でも毎朝決まった時間に近所のお寺へお参りに行ったり、いつも同じテーブル、同じイスに座らないと気が済まず、座る角度が少々変わっただけで、癇癪を起こしてしまうこともあります。


(次ページ)認知症患者に100%出てくる症状を中核症状といいます・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る