新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師力向上セミナー

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師力向上セミナー』10.糖尿病治療における薬剤師の役割〜アドヒアランス向上と薬剤の適正使用推進のために〜

『薬剤師力向上セミナー』10.糖尿病治療における薬剤師の役割〜アドヒアランス向上と薬剤の適正使用推進のために〜

2014年08月06日 (水) 07時00分配信 投稿日:14/08/06 07:00 icon_view 391view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 391view

講師:菅原正弘先生


合併症が怖い糖尿病。対策と改善の基本は、食事、運動、効果的な経口薬治療といわれている。糖尿病の専門医として患者教育に熱心に取り組んでいる菅原正弘先生に、患者が糖尿病について理解を深めるための工夫や薬剤師に求めることなどをご教授いただいた。


 

■糖尿病予備軍と怖い合併症

日本は世界でも有数の高齢化国。今後もその傾向は続くと見られていますが、ある研究によると25年後の高齢者の多くが、糖尿病と密接に関連している認知症(アルツハイマー病)にかかると予想されています。今後、超高齢化社会を迎えることは、いかに糖尿病に取り組んでいくかということにつながると言っても過言ではありません。

現在、糖尿病と診断されている方あるいは疑われている方の6割が治療を受けていますが、一方で治療を受けていない方が4割近くいるわけで、特にまだまだ働き盛りの40歳代の方に、検査も受診もしないで放置しているケース、いわゆる予備軍が多いようです。こうした方にこそ、高齢者になったときに深刻な糖尿病にならないような対策が必要です。

ご存じのとおり、糖尿病で怖いのはさまざまな合併症を引き起こすこと。主な合併症は、視野障害を起こす網膜症、悪化すると透析を必要とする腎症、全身にわたり痛みを感じない、反応が鈍くなるなどの神経障害、動脈硬化や脳卒中を起こす血管障害が中心です。
 

■合併症の進行程度を知る

実は、糖尿病の合併症の進行程度がぱっとわかるほどの医師や薬剤師はあまりいないと思います。そこで、目安として覚えておくとよいのが合併症の発症率。2型糖尿病を発症してから25年で神経障害が50%、網膜症が40%、腎症が30%。きちんと治療すれば、この数字が低くなるのは当然ですが、そのためにも眼科など関連する科でも検査、診療を受けることをおすすめします。

このほかの合併症として、認知症、うつ病、骨粗鬆症、NASH(脂肪肝)、歯周病、過活動膀胱が挙げられます。がんについても糖尿病患者の場合は発症率が一般の人に比べて高いという報告があります。

こうした合併症が進行すれば、最悪、死に至るほか、失明や下肢切断などの状況に直面。あるいは透析など長期の、厳しい治療が必要であるばかりでなく、軽度の症状であっても患者さんの生活の質を落とすことは否めません。


(次ページ)■糖尿病治療のポイント・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る