新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師力向上セミナー

<<前の記事へ

次の記事へ>>

18.糖尿病を例にした患者ケア力を高めるためのアセスメントとプランニング(後編)

18.糖尿病を例にした患者ケア力を高めるためのアセスメントとプランニング(後編)

2015年04月22日 (水) 07時00分配信 投稿日:15/04/22 07:00 icon_view 365view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 365view

前編はこちら・・・
講師:早川 達先生


■糖尿病患者のアセスメントとプランニング(2)
次に、食事・運動療法の指示と薬が必要であるとされた初診時の治療方針が適切だったかどうか、ガイドラインの基本的な治療方針に照らしあわせて評価しましょう。基本は生活習慣の修正指導です。
それに加え患者の重症度に応じて薬物療法を重ねていきます。その観点で見れば、生活習慣の修正指導を行っていますので適切だと評価できます。ただし、運動療法の内容については考慮が必要です。
そして、糖尿病薬治療のタイミングとしては適切でしたでしょうか。ガイドラインではすぐ薬物療法を開始すべきとは言っていないので、原則的には時期尚早です。医師がどういう方針で治療を進めようとしているのか、あるいは患者はそれをどう受け止めているのかを確認して、治療方針をフィッティングしていく必要があります。薬物治療が必要だとする判断を前提にするならば、低血糖を絶対起こさないように指導するのが第一優先になるでしょうし、それによって初来局時の指導、管理の方針が変わってきます。
先ほどお話した生活習慣で修正すべき項目について、具体的に考えてみましょう。まずは膝に負担をかけない運動が挙げられますね。他には砂糖、間食を控えること。食事については、患者が脂っぽいものを好んで食べるか確認しましょう。ガイドラインによると、脂質異常症患者のコレステロールの摂取量は1日あたり200mgです。また1日の総カロリーを考慮する必要もあるでしょう。この患者は現在働いていないこともあるので、運動量を軽労働とすれば、1600kcal程度だと判断できます。
ここで薬物療法の評価をしていきます。「糖尿病の薬物治療」(図表3)をご覧ください。

diagram_3


(次ページ)この患者の糖尿病の病態は・・・

 

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る