新着記事・レポート

カテゴリーを選択

リレーコラム

<<前の記事へ

次の記事へ>>

3.私の薬剤師人生|赤川 信一郎さん(前編)

3.私の薬剤師人生|赤川 信一郎さん(前編)

2014年02月25日 (火) 08時00分配信 投稿日:14/02/25 08:00 icon_view 292view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 292view

■薬剤師リレーコラム
私の薬剤師人生 赤川 信一郎さん(前編)

なぜ薬剤師の道を選び、どうキャリアを重ねてきたのか。
赤川 信一郎さんに、これまでの軌跡を振り返っていただきました。


  image

【著者プロフィール】
名前:赤川 信一郎(あかがわ しんいちろう)
生年月日:1979年1月14日生まれ
出身地:福岡県北九州市
出身大学:京都薬科大学
薬剤師経験年数:10年以上
現在お勤めの職場:調剤併設ドラッグストア(11店舗以上)
現在お勤めの職場名:株式会社サンキュードラッグ
現在お勤めの地域:福岡県北九州市全域および近郊、山口県下関市
職場でのポジション:ファーマシー事業推進部次長 兼 医療教育課長
薬学以外の趣味:あらゆるジャンルのクルマ好き(生涯20台目標、現在7台目)&ドライブ好き
あなたの性格をひと言で表すと?:A型気質 (自分で言うのも何ですが、真面目。でも仕事している自分が好きという自己陶酔型かも・・・)
座右の銘(好きな言葉) と、その理由:凡事徹底 (当たり前のことを当たり前にやるという意味ではなく"当たり前のことをものすごいレベルで実践する"という意味で薬剤師にとって不可欠だと感じるから)


■Q1. これまでに薬剤師として経験してきた仕事内容を教えてください。

大学病院前の調剤併設ドラッグストア・開業医近隣の調剤単独店など様々な診療科やスタイルの店舗を25店舗ほど経験。 リスクマネジメントを5年担当したのち、薬剤師教育の任を命じられる。 そのほか入社4年目からは調剤システムからのデータを活用したexcelベースの売上管理・分析表、予算作成支援システム、デッドストック管理システム、その他業務改善ツールを多数作成。 直近では大型調剤単独店にて6年間、薬局長を兼務していました。


■Q2. 今の職場を選んだ理由は何ですか?

大学時代は関西に就職するつもりでしたが、両親に呼び戻された際に「地元の企業、ドラッグストアで働きたい!」という希望から。 学生の頃の私にとっては"深く専門的な病院薬剤師"よりも"健康な人を含めた限りなく多くの人の役に立つ仕事がしたい"という気持ちのほうが強かったようです。 また学生時代に夏休みの短期間、アルバイトをさせて頂いた際にも職場の雰囲気も良く、魅力を感じたためこの会社に入社しました。


■Q3. 現在、具体的にどのような業務に携わっていますか?

調剤部門を統括するファーマシー事業推進部の、医療教育課という薬剤師教育および職能拡大への施策を実行する部署の責任者として、研修会の企画・運営と新入社員~若手への基礎教育のほか、広島大学との共同研究である「医師との協働によるPT-INR測定」や「ドラッグストア店頭や健康フェアでの自己穿刺による生化学検査」など、薬剤師がチーム医療やセルフメディケーションにおいてより重要な役割を果たすことが出来るようになるための取り組みを統括しています。


■Q4. 普段の業務で心がけていることや工夫していることを教えてください。

薬剤師は患者さんやOTCを購入されるお客さまに"接してナンボ"の仕事。いくら勉強しても、在庫管理が正確に出来ても、顧客にフィードバックされないものは意味がないと思い、売上集計の小難しい計算や在庫管理の仕事はすべてパソコンにさせる仕組みを作って、自身の時間を捻出するよう心がけています。ツールがなければ自分で作る、それを自分だけの財産とせずに全社で共有することで全体の生産性が向上しようと考えています。また、会社全体・業界全体がどのようにすればもっと役に立つ組織になるか、アイデアや仕組みづくりを妄想することが趣味です。


■Q5. ここだけの失敗談があれば教えてください。

かつて、正月の転送電話当番でRAの患者様が風邪を引かれた際の対応が不十分だったため、患者さんが肺炎になってしまわれたことがあります。(後に上司のもとに来た薬学系雑誌の取材で紹介され、その事例が誌面に載りました・・・)



★後編「私の理想の薬剤師」はこちらをクリック

 
【薬剤師リレーコラムの連載記事】
・私の薬剤師人生|遠藤 敦さん(前編)
薬剤師になって初めての調剤ミスが毒薬だったという華麗な滑り出しからの想像通り…
・私の理想の薬剤師|遠藤 敦さん(後編)
薬剤師ってそんなことも出来るんだねって言葉が1番嬉しいですね…
・私の薬剤師人生|小林 晃洋さん(前編)
社会人一年目から会社のご好意で、在宅医療に参加させてもらっていました…
・私の理想の薬剤師|小林 晃洋さん(後編)
薬の説明を聞いてくれない方から、うまく対応ができて「ありがとう」と言われたときに…
 

【関連記事】
・キャリアデザイン&薬局経営(前編)
薬局と薬剤師のあり方も、"そもそも論"で考えれば、答えが見つかるような気がします…
・キャリアデザイン&薬局経営(後編)
調剤重視から服薬管理・指導重視への転換…
・キャリア|がん治療と薬剤師
日本臨床腫瘍薬学会は、今年度から「外来がん治療認定薬剤師」制度を創設しました…

【関連Q&A】
年齢を重ねた薬剤師の長所はなんでしょう?…
そもそも理想の薬剤師業務って、どのようなものを描いているのかな? …

 

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 new 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.27 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19850件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5618件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月12日~08月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月12日~08月19日

もっと見る