運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

三カ国での薬学比較

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『三カ国での薬学比較』9.高齢者医療

『三カ国での薬学比較』9.高齢者医療

2010年12月14日 (火) 09時00分配信 投稿日:10/12/14 09:00 icon_view 198view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 198view

■この記事について


超高齢社会と言われている日本では、介護の分野における薬剤師の職能が注目されていますが、皆さんは準備を進めていますか?今後薬剤師として地域医療に関わりたいと考えている人にとっては、避けては通れない道になることでしょう。皆さんは介護の現場で薬剤師がどのような活動をしているかをご存知ですか?

日本同様に高齢化が進むカナダでは、65歳以上の約30人に1人が老人ホームのような施設で暮らしているそうです(2007年CBC NEWSのデータ)。高齢になるほど薬の量や種類も増え、管理が大変になるのはどこの国でも同じようです。

カナダやオーストラリアに在住中は在宅の現場を見ることはできませんでしたが、カナダにある老人ホームで週に一回勤務している薬剤師に付き添って、1日の業務を体験する機会がありました。筆者には経験のない事も多かったので、今回ご紹介したいと思います。カナダの薬剤師が行っていることは、日本では必要のない事なのでしょうか、それとも今後担っていける役割なのでしょうか。カナダの薬剤師の業務から、新たな可能性を見出していきましょう。

 

■老人ホームの種類


高齢者医療を考える上でみなさんにとってなじみ深いのは、老人ホームなどの老人保健施設ではないでしょうか?すでに、施設の薬を調剤したり、お届けしている薬局もあると思います。施設を担当する他の医療従事者(医師や看護師等)とのカンファレンスに参加したり、直接入居者に服薬指導をする機会もあれば、薬を配達するだけの薬局もあることでしょう。皆さんは、実際どの施設のお薬を作り、お届けしているのか把握していましたか?これらを意識することで、入居者やその施設を担当している他の医療従事者のニーズが見えてくるかもしれません。


ひとくちに老人ホームといっても、介護の度合いに応じて施設が分類されています。(表1)重度の介護が必要な特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、リハビリや継続的な医療サービスを目的とした老人保健施設や療養型医療施設、心身や経済的な問題のために在宅療養ができない人を対象とした住居(養護老人ホームや軽費老人ホーム)等、その目的や状況によって選択する施設は様々であることがわかります。カナダでも同じように分類がなされており、それぞれの施設で薬剤師の役割は異なるようです。

表1


※カナダではこれ以外にアルツハイマー病患者を対象とした老人ホーム(Alzheimers Care)もあります。

(次のページ)筆者が訪問したのは、・・・

 

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る