運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

三カ国での薬学比較

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『三カ国での薬学比較』5.薬学と記録

『三カ国での薬学比較』5.薬学と記録

2009年10月21日 (水) 14時58分配信 投稿日:09/10/21 14:58 icon_view 320view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 320view

これまで記事では、薬局における基本業務である調剤から投薬までの流れを、他の国と比較しながら見てきました。
今回は、その続きともいえる薬歴に焦点を当ててみて行きたいと思います。

日本においては服薬指導内容の記録が当たり前の業務として行われていますよね。ルーチンワークになってはいませんか?他の国ではどうでしょう。どんな記録の取り方がなされているのか、薬歴をどのように活かしているのか… あなたの日々の薬歴記録業務を見直すきっかけになれば、と思います。



■服薬指導内容の記録




日本では、指導内容の記録が制度上義務であり、時間を要する業務の一つと認識されていますが、オーストラリアやカナダでは薬歴の記録はあっても、全ての州で服薬指導内容の記録が行われているわけではありません。
その理由として、カウンセリングに対する報酬が支払われないためです。

薬剤師の役割として調剤業務よりもカウンセリングが重要視されているため、カウンセリングは薬剤師の義務であり、むしろ当たり前の業務として認識されています。
また、家庭医制度やかかりつけ薬局・薬剤師が機能しているオーストラリアやカナダでは、日本のように患者が複数の薬局にかかるケースも少なく、薬剤師が患者情報を管理しやすいという利点もあります。

ただし、なかには途中で“トランスファー(薬局同士で患者の薬歴情報を交換または移動することの出来るシステム)”という方法を用いて薬局を変更する患者も存在し、さらに複数の薬剤師が勤務する薬局のおいては、日本の薬歴システムのように、前回の来局でどのような内容が話されたかがわかるような記録があったほうが機能的といえるでしょう。
日本の薬局で使用されているコンピュータシステムは、他の国に比べて最も先進的であるように感じました。しかし、オーストラリアの医薬品バーコードによるコンピュータ監査システム等、まだまだ参考に出来る部分や改善点があるはずなので、よりよいものを目指してさらに追及して頂きたいものです。

(次のページ)「薬剤管理指導業務-1」へ・・・

Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る