新着記事・レポート

カテゴリーを選択

三カ国での薬学比較

<<前の記事へ

次の記事へ>>

3.監査方法

3.監査方法

2009年08月24日 (月) 18時29分配信 投稿日:09/08/24 18:29 icon_view 274view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 274view

■この記事について




今回は、前回の調剤に引き続き監査と提供書類等の違いを紹介していきます。

海外ではファーマシーテクニシャン主導で調剤が行われていますが、監査からは薬剤師の出番です。オーストラリアでは、日本と同じように処方箋枚数により薬剤師の人数を定めていますが、カナダでは一薬局に一人しかいないことが多いのです。

一人しか薬剤師がいないで監査は誰がするの?というのが自然に生まれる疑問だと思いますが、逆にカナダの薬剤師に言わせれば、なんで一人以上必要なの?といったところでしょう。この疑問が実現可能になるトリックをご紹介していきます。
日本でも、こうしたら業務改善につながるのでは?というヒントが見つかるかもしれません。

 

■監査方法




日本で2人の薬剤師により調剤業務と監査業務を分担しているように、オーストラリアやカナダでも調剤と監査は基本的に別の人が担当しています。しかし、その監査の方法にちょっとした違いがあることを発見しました。オーストラリアとカナダ、それぞれの特徴を見て行きましょう。

◆バーコードリーダーによるコンピュータ監査:オーストラリア


私が研修を行った薬局は、薬剤師1人と薬局アシスタント1人で運営している小さな薬局でした。オーストラリアの薬局では、処方せん150枚/1日に対して1人の薬剤師しか配置できないため、このような「一人薬剤師薬局」は多く見られます。

そんな薬局でも安心して監査を任せられるのが薬局にあるコンピュータ。普段処方せん内容入力や薬歴確認のために用いているあのコンピュータが監査マシーンとしても活躍しているのです。
処方せん情報をコンピュータに正確に入力したあと、調剤した薬の箱についているバーコードをバーコードリーダーで読み取らせると、その薬が入力された薬と一致しているかどうか、コンピュータの画面上に表示されます。(以下写真参考)


画像1.正確な薬の場合(青色:薬名・患者氏名・患者住所・処方箋番号・前回調剤日)


画像2.間違った薬の場合(赤色:薬名・Drug not found in last 20 dispensings.)

正確な薬が調剤された場合は青色で表示され、薬名以外に前回の調剤日まで表示されます。間違った薬を読み取った場合は、危険を表わす赤色で表示され、薬名と「この薬は以前調剤された20種類の薬と一致しません。」というメッセージが表示されます。入力された薬名と調剤した薬名が一致していないことになります。
この作業によって入力された薬と調剤した薬が同一であるという監査を行うことができますが、入力段階で間違えている可能性もあるため、最後に処方せん原本と調剤した薬とが一致しているかの確認は必須になります。

オーストラリアの場合は医師の処方する薬の量を、医薬品一箱分の内容量(主に20、30、60、100錠単位)と一致させているため、日本のように一錠ずつ数える手間がかかりません。
調剤から監査までの時間の短縮、また調剤ミスを減らす意味でも合理的な方法といえるでしょう。

(次のページ)「監査方法~つづき」へ・・・

Good5

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 new 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.27 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19850件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5616件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月11日~08月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月11日~08月18日

もっと見る