新着記事・レポート

カテゴリーを選択

三カ国での薬学比較

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『三カ国での薬学比較』8.医療システム

『三カ国での薬学比較』8.医療システム

2010年08月09日 (月) 09時00分配信 投稿日:10/08/09 09:00 icon_view 345view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 345view

前回まで海外の医療制度に関してお話しましたので、今回は少し掘り下げて医療システムに関してお話したいと思います。

まず、日本にはどのような医療システムがあるでしょうか?

代表例として、電子カルテが挙げられると思います。そもそも電子カルテは業務の効率化を大きな目的として構築されましたが、医療情報の一元管理やセキュリ ティの付与が出来る等、安全面においても有効とされています。ただし、新しいシステムの構築においては利点だけでなく欠点がうまれるのも事実。ディスプレ イ上での一覧性の低さや入力の手間等の課題は残っています。

また、現在議論されているレセプトのオンライン請求の義務化も医療システムの一つに該当しますが、このシステムも電子カルテ同様に業務の改善につながりま すが、診療所や個人薬局など、従業員の高齢化や高額な施設整備負担の問題等で閉店(院)に追い込まれざるを得ないケースも出てきています。果たしてそれが 地域医療にとって吉とでるのか、凶とでるのか。広い視野で見ていく必要がありそうです。

カナダやオーストラリアにも興味深い医療システムがいくつかあり、中には日本にも導入できたら、と思うものがありました。制度や文化の違いにより、実現が 難しいものも中にはありますが、いつか新たなシステムを導入する際に参考にして頂いたり、似たようなシステムが導入される際に海外にもこんなシステムが あったなと思い出して頂ければ幸いです。




●患者医療情報共有システム(Alberta Net Care)


カナダで発見した最も興味深いシステムの一つが「患者医療情報共有システム」です。医療システムの基本は国ではなく州で取り決められているため、これは私が住んでいたカナダのアルバータ州に限ったシステムになりますが、今後日本にも取り入れたいシステムの一つと感じました。

アルバータ州においても、2005年から政府主導で本格的に電子化が進められ、2008年の完全電子化を目指して改革が行われてきました。

患者医療情報共有システム(Alberta Net Care 『アルバータネットケア』)と は、国が運営している大規模な患者医療情報データベースであり、患者基本情報(氏名,年齢,生年月日,住所,電話番号,アレルギー等)から診断内容、検査 値、手術歴、薬歴まで、インターネットを介して閲覧が可能になります。データはすべて病院やクリニック、薬局等から集めており、薬歴情報では、いつどこの 薬局でどのような内容で調剤されたかまでも特定することが出来るのです。

診断画像記録の共有は、他病院における同じ検査の実施を防ぐことにもつながり、医療コストの削減や患者の心理的負担を軽減にも有効であると考えられていま す。これらの情報は、日々の業務の中で病院や薬局のコンピュータを介して、自動的にデータベースにアップデートされるよう設定されており、情報は常に新し い状態が保たれています。さらに、サイト閲覧中に直接追加情報を入力する事も可能です。





(次のページ)「患者医療情報共有システム」の運用・・・

Good6

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る