新着記事・レポート

カテゴリーを選択

昔からの家庭薬2

次の記事へ>>

『昔からの家庭薬2』1.家庭薬とは 前編

『昔からの家庭薬2』1.家庭薬とは 前編

2014年04月01日 (火) 08時00分配信 投稿日:14/04/01 08:00 icon_view 261view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 261view

みどり薬局  坂口眞弓

「家庭薬」という言葉は薬事法上にはない分類ですが、一般的に昔から使われている、伝統に育まれた一般用医薬品のことをいいます。

わたしが家庭薬メーカーの方々と知り合ったのは、毎年秋に新宿西口広場で開催している「よく知って正しく使おう OTC医薬品普及啓発イベント」の実行委員として参加したときでした。 このイベントは、東京都薬剤師会、東京都家庭薬工業協同組合、東京薬事協会、東京生薬協会、日本OTC医薬品協会、東京都医薬品登録販売者協会の6団体が主催し、厚生労働省、東京都が後援するイベントです。

5年前、東京生薬協会の藤井隆太会長から、「セルフメディケーションの推進、OTC医薬品の活用には、生活者の意識を変えてもらわなければならない。OTC医薬品を身近なものとして感じてもらえるよう、関係者が協力し、イベントを通じて、一般消費者にOTC医薬品を周知したい」と提案があり、関係6団体が集まり、イベントを開催することになりました。

■新宿西口広場に「OTC医薬品普及啓発イベント店」開設!

開催日の2日間だけ、新宿駅西口広場の一角に店舗販売業を開設します。

管理薬剤師、勤務薬剤師を登録、手数料(5年間分)をおさめます。前夜、陳列棚や情報提供カウンターを設置し、掲示物や医薬品安全管理と情報提供の指針、作業手順書も作成します。9日8:00に新宿保健所の担当者が、情報提供場所から医薬品陳列台までの距離、第一類医薬品の陳列場所、備品、必要書類など、詳しく調査をしたあと、許可証を発行します。

でも、この店舗で医薬品を販売するわけではありません。企業が参加者に配布する「サンプル引換券」に基づき、薬剤師と登録販売者が、情報提供しながらサンプルをお渡しするだけの店舗です。とても暑い時期ですが、おおぜいの方が参加され、サンプルをもらっていきます。

そのほかに、40ほどの企業がそれぞれ製品の特徴を出したブースを出します。 

イベントに参加された方にアンケートをお願いしたところ、回答者の79.6%が初回の参加で、87.5%が通りがかりで来場されていました。セルフメディケーションという言葉の意味は42.4%に認知され、回答者の63.8%が軽い病気や怪我の時は病院よりもセルフメディケーションを実践すると回答していました。OTC医薬品を購入する際に重視する項目(複数回答)は薬剤師・登録販売者のアドバイス(66.4%)、価格(41.4%)、医薬品メーカーの知名度(34.5%)の順でした。この回答から、薬剤師が、使用者に適した一般用医薬品を選択、適切な情報提供が望まれていることがわかります。


(次ページ)■これからの薬局・薬剤師は・・・

Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5568件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る