新着記事・レポート

カテゴリーを選択

インターネット活用術

<<前の記事へ

次の記事へ>>

3.様々な添付文書閲覧方法(3)|薬剤師のインターネット活用術

3.様々な添付文書閲覧方法(3)|薬剤師のインターネット活用術

2014年05月06日 (火) 07時00分配信 投稿日:14/05/06 07:00 icon_view 336view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 336view

前回はパソコンのウェブブラウザを使って添付文書内の指定した項目にあるキーワードを検索対象とする方法をご紹介しました。

今回は添付文書を検索閲覧可能なスマートフォン・タブレットアプリケーション(以下 スマフォアプリ)の利用方法をご紹介します。

スマフォアプリは昨今数も増えてきていますが今回は筆者が個人で開発・公開している「医療スタッフツール 添付文書検索」を例に添付文書の検索、閲覧方法などをご紹介したいと思います。「医療スタッフツール 添付文書検索」はAndroid版そしてiOS版ともにリリースされています。iOS版ではAndroid版が有する機能すべてを利用することは出来ませんが本記事では共通して利用できる機能を中心にご紹介します。

「医療スタッフツール 添付文書検索」(以下 検索アプリ)はGooglePlay及びiTunesストアで無料でインストールすることが出来ます。独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(以下PMDA)が提供するメールサービス、メディナビへの登録をお願いしておりますがそれ以外の広告は表示されません。

ではさっそく使い方をご紹介しましょう。

検索アプリを起動すると以下のような画面が表示されます。

image1


ご覧になっておわかりのようにこの検索アプリはPMDAで提供されている4種類の添付文書検索すべてに対応しています。一般用医薬品の添付文書を参照できることは薬剤師にとってとても重要なことだと考えます。

医療用医薬品の添付文書を検索した結果は以下のように表示されます。

image2


PMDAでの検索と同様に検索キーワードはひらがなや一般名でも検索することも可能です。またスマフォアプリでの検索の特徴として音声入力することも出来ます。上図の右上部にあるマイクボタンを押下すると音声入力が開始されます。iOS版でもソフトウエアキーボードの中に音声入力を実行するボタンがあるので探してみてください。

検索結果の医薬品名部分をタップするとその医薬品の添付文書が表示されます。

image3


ウェブブラウザで添付文書を表示した時には、ウインドウの左側に添付文書内のアンカーリンクが表示されていました。同様に添付文書内を移動するアンカーリンク集となるダイアログが下部に並ぶ5つのボタンのうち一番右側をタップすることで開かれます。残り4つのボタンについては、左から順にPDFの添付文書、インタビューフォーム、患者向医薬品ガイドおよび重篤副作用疾患別対応マニュアルがこれらのボタンをタップすることで表示されます。

image4


またパソコンのウェブブラウザ同様に添付文書内の文字列検索を実行することが可能です。右上にある虫めがねボタンをタップし検索キーワードを入力すると上図のように添付文書内の当該キーワードがハイライトされて矢印ボタンで添付文書内の当該キーワード部分を移動して閲覧することが出来ます。

前回パソコンのウェブブラウザ上ではCtrlキーを押しながら添付文書検索結果のリンクを開くことで新しいタブに添付文書を表示することが出来ることはご紹介しましたが、この検索アプリでは添付文書が表示されている画面を指で横方向にスワイプすることで直前に開いていた添付文書に表示を切り替え添付文書を比較することが可能です。

image5

上図は表示している添付文書をスワイプ操作によって切り替えている途中の様子です。同時に開いておく添付文書数は設定することも可能となっており相互作用などを調べるときに有用な機能だと考えます。


前々回の総論において添付文書の改定頻度が非常に高くなっていることはご紹介したことと思います。この検索アプリには更新された添付文書をチェックする機能もあります。検索アプリトップ画面の右下にある「更新添付文書」ボタンを押下すると以下のようなダイアログが表示されます。

image6


ここで対象となるカテゴリを選択すると以下のように1ヶ月以内に更新された添付文書のリストが更新日付順に表示されます。これはPMDAのウェブサイトで提供されている「1ヶ月以内に更新された添付文書情報」のデータを表示しているものです。

image7

時間があるときにこのリストを見て扱う可能性のある医薬品の添付文書が改定されている場合には変更点などを確認しておくと良いでしょう。
 

image8

一度開いた添付文書を後から再度閲覧したい場合も多いのではないでしょうか。そういう場合にはオプションメニューから表示履歴を選択することで上記のようにこれまで閲覧した添付文書の表示履歴リストを参照することが可能です。

ここまでにご紹介した機能はAndroid版とiOS版ほぼ同等に実装されています。表示方法などが少し違いますがiPhoneをお使いの方も是非本記事を参考にしてお試しください。
 

image9

前回PMDAの添付文書情報検索で「その他検索条件指定」の方法を紹介しましたが本検索アプリでも同様の条件指定をすることが出来ます。それぞれのカテゴリの添付文書検索画面においてオプションメニューから「詳細条件検索」をタップするとウェブブラウザで追加表示された入力欄とほぼ同様の条件入力ダイアログが上図のように表示されます。前回ご紹介した条件を入力してみてください。同じ検索結果が表示されることと思います。
 

image10

最後にタブレットを横方向に利用した時のスクリーンショットをあわせてご紹介させて頂きます。これは7インチタブレットで検索アプリを起動した画面です。

ここまでご紹介してきましたようにスマートフォンやタブレットを利用した添付文書検索閲覧アプリケーションはPMDAの添付文書情報検索とほぼ同等の機能を有し、在宅医療で患者さん宅にお伺いしている時や夜間の電話による問合せ時などに添付文書を参照する必要が生じた場合など非常に有用なツールとなります。スマートフォンやタブレットをお持ちの方は是非お試しになってみてください。

さて、3回にわたって添付文書のパソコンやスマートフォンなどを利用した閲覧方法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ご紹介した検索方法よりもさらに複雑な方法もありますし、多くのスマフォアプリやツールなどが開発されています。薬剤師業務の中で、さまざまな添付文書情報が必要となったときにその状況に適した手法で、的確に必要とする医薬品情報を検索する手法を皆さんが体得されることを願っています。

GooglePlay
医療スタッフツール添付文書検索

iTunesストア
医療スタッフツール添付文書検索

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
1ヶ月以内に更新された添付文書情報


※この記事でご紹介したアプリは、現在バージョンアップを中止しており、お使いの環境では正常に起動・動作しない可能性がありますのでご注意ください。(2017年8月31日現在)


著者:いのうえ しげゆき

 
【関連Q&A】
Q.効率的に添付文書改訂について確認できる方法はあるものでしょうか?…
Q.ココヤクが一番のお気に入りですが…。みなさんはどんなサイトを利用して ますか?
Q.患者さんからの質問について答えをだすときにはどのようにして調べていますか?…
 
「薬剤師のインターネット活用術」の連載記事
1.様々な添付文書閲覧方法(1)
2.様々な添付文書閲覧方法(2)
4.アカウント管理方法(1)
5.アカウント管理方法(2)
6.アカウント管理方法(3)
7.情報収集の心構え
8.Googleサービス利用のススメ(1)
9.Googleサービス利用のススメ(2)
10.インターネットを利用した情報収集方法
11.薬局内でのICT利用術(1)
12.薬局内でのICT利用術(2)
 

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19965件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5654件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月19日~09月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月19日~09月26日

もっと見る