新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師のインターネット活用術

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師のインターネット活用術』5.アカウント管理方法(2) -後編-

『薬剤師のインターネット活用術』5.アカウント管理方法(2) -後編-

2014年07月10日 (木) 07時00分配信 投稿日:14/07/10 07:00 icon_view 113view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 113view

前編はこちら・・・
著者:いのうえ しげゆき

ここまでは堅牢性のあるパスワードを使用してアカウントを守る方法について検討してきました。さらに一歩捻りを加え利用するWebサービスごとにIDを変更する方法を考えてみたいと思います。
 

■Webパスワードで利用するIDを工夫する方法

多くのWebサービスがIDとしてメールアドレスをそのまま利用することが増えているように感じられます。このことは自分のメールアドレスを知っている人に利用しているWebサービスのIDを知られてしまっている可能性があるという事です。メールアドレスと利用しているWebサービスを知られている場合、当該Webサービスのログイン画面で知っているメールアドレスと適当なパスワードを入力するとIDとしてそのメールアドレスが有効なものかどうかわかってしまうWebサービスも存在します。

一般的にメールアドレスはローカルパートと呼ばれる@より前の部分を自分で決めることが出来ます。複数のメールアドレスを利用している方の中にはこのローカルパートを統一している方もいらっしゃるのではないでしょうか。かく言う筆者もそういうメールアドレスを持っています。このことも他の人にIDが予測されてしまうということにも繋りかねません。

このように、メールアドレスをIDとして利用するWebサービスの場合には、認証に必要なIDとパスワードのうち片方のIDがあらかじめ知られてしまっているという可能性を否定できないということになります。もし単純なパスワードを使っていたら簡単にログインされてしまうかもしれません。

上記のような懸念に対してアカウントのIDをWebサービス毎に異なるものを利用する方法はどうでしょうか。しかし、メールアドレスをIDとして利用する場合は沢山のメールアドレスを管理しなくてはいけなくなるため現実的な方法とは言えません。
 

■Gmailのエイリアス機能を使ってIDを工夫

この問題について有効な解決方法を持っているのがGoogleが提供しているGmailです。既にGmailを利用している場合には、設定や登録をすることなくGmailアドレスに+記号と文字列を追加するだけでWebサービスごとに別々のメールアドレスをIDとして登録することが出来るのです。これだけでは少しわかりにくいので例を使ってご説明します。


(次ページ)たとえば普段お使いのGmailアドレスが・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る