運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師のインターネット活用術

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師のインターネット活用術』6.アカウント管理方法(3) -前編-

『薬剤師のインターネット活用術』6.アカウント管理方法(3) -前編-

2014年07月29日 (火) 07時00分配信 投稿日:14/07/29 07:00 icon_view 134view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 134view

後編はこちら・・・
著者:いのうえ しげゆき

前回は堅牢性を持つパスワードの作成方法とメールアドレスをIDとして登録するときに出来る工夫についてご紹介しました。

今回も引き続きアカウント管理方法としてブラウザにIDとパスワードを保存することの危険性や安全対策そしてフィッシングサイトについての注意点などをご紹介します。
 

■ブラウザのパスワード保存機能の危険性

アカウントの管理方法(1)の記事では1PasswordやLastpassといったパスワード管理アプリもご紹介しましたが皆さんが普段お使いになっているウェブブラウザもWebサービスのIDとパスワードの組合せを保存してくれる機能がついています。

これらの機能を利用する上でのリスクや安全に利用するための方法についてユーザ数が多いブラウザについて一つひとつ確認していきたいと思います。

まず最初にWindowsにデフォルトでインストールされているInternet Explorerについて確認してみます。Internet ExplorerにIDとパスワードを保存した場合、当該サイトに再度アクセスしたときにオートコンプリート機能が働きIDとパスワードを自動入力してくれます。Internet Explorer単体では保存したパスワードの内容を表示する機能は提供されていません。しかしインターネット上で提供されているフリーソフトを利用することでInternet Explorerに保存したIDとパスワードは簡単に丸見えとなってしまいます。

このことからIDとパスワードをInternet Explorerに保存している場合には、他の人がパソコンに触れることが可能な状況の場合や盗難時への対策として最低でもWindowsへのログインパスワードを適切に設定する必要があります。しかしログインパスワードを設定するだけでは決して安全と言える状態ではありませんのでご注意ください。


(次ページ)次にMozillaプロジェクトから公開されているFirefoxについて・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る