新着記事・レポート

カテゴリーを選択

インターネット活用術

<<前の記事へ

次の記事へ>>

9.Googleサービス利用のススメ(2)|薬剤師のインターネット活用術

9.Googleサービス利用のススメ(2)|薬剤師のインターネット活用術

2014年12月03日 (水) 07時00分配信 投稿日:14/12/03 07:00 icon_view 474view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 474view

前回の記事ではGmailの便利な使い方をいくつかご紹介しました。引き続いて今回の記事では同じGoogleが提供しているGoogleカレンダーをご紹介したいと思います。


・Googleカレンダーで薬局内スケジュール管理

私個人としてはこの機能が無くなったとしたら途方に暮れてしまうほど依存してしまっているのがこのGoogleカレンダーです。GoogleカレンダーもGmailと同様にWebブラウザからだけでなくスマートフォンのアプリにもスケジュールを同期することが出来、すべてのスケジュールをこのサービス一つで管理することが出来ます。

薬局での利用を考えた場合には、薬局内勉強会等のスケジュール共有や勤務している薬剤師のスケジュール管理、はたまた一包化が必要な患者さんの来局予定日の管理や一人の患者さんだけに処方されている医薬品の発注予定日などの管理に利用することが出来ると考えられます。もちろん紙のカレンダーでも可能ではありますが薬局外からの参照性や複数人でのスケジュール共有などを考えても有用性は高いのではないかと思います。

上記のようなことを実現するために必要となる使い方をご紹介しましょう。


・新しいカレンダー作成

まずGoogleカレンダーは複数のカレンダーを作成することが出来ます。そして用途によって使い分けることが可能です。ということで新しいカレンダーの作り方からご紹介しましょう。

Googleカレンダー画面左メニューにある「▼ マイカレンダー」右隣の[▼]をクリックすると以下のようなメニューが表示されます。



このメニューより「新しいカレンダーを作成」を選択してください。



上記のような画面が表示されカレンダー名を入力し「カンレダーを作成」ボタンを押下で新しいカレンダーが作成されます。

上記のような方法によって複数のカレンダーを作成することが出来ます。用途ごとにカレンダーを作成することによって表示を分けたり必要となる情報のみを共有したりするなど利用の幅が広がりますのでいろいろな方法を試してみると良いでしょう。

・カレンダーの共有

続いてはカレンダー共有の設定方法をご紹介します。

先程作成したカレンダーの右隣の[▼]をクリックすると以下のようなメニューが表示されます。



中程にある「このカレンダーを共有」を選択してください。すると以下のような設定画面が表示されます。



「特定のユーザーと共有」の下にある部分を使い共有設定を行ないます。最下部のモザイクとなっている部分にはこのカレンダーを利用しているGmailアドレスが表示されていることと思います。

それでは実際の設定方法です。「ユーザー」欄に共有したい相手のGmailアドレスを入力します。そして右端にある「ユーザーを追加」ボタンを押下しメールアドレスを登録した後さらに上部にある「保存」ボタンを必ず押下してください。この「保存」ボタンを押し忘れるとせっかく設定した情報がクリアされてしまうので注意が必要です。

また「権限の設定」欄についてデフォルトでは「閲覧権限(すべての予定の詳細)」が選択されており共有相手はすべての予定に対する閲覧権限のみが付与されることになります。予定の変更やカレンダーの共有についての設定まで可能な権限まで全部で4つの段階があります。共有する相手そして共有するカレンダーの特性にあわせて適切に設定を行なってください。

保存ボタンを押下して設定が完了すると共有した相手のGmailに以下のようなメールが送られてきます。



このメール下部にある「カレンダーを表示」をクリックするとブラウザでGoogleカレンダーが開かれて共有されたカレンダーが「他のカレンダー」内に登録されていることが確認できることと思います。

設定は以上で完了です。

このように簡単な設定を行なうことで他のアカウントに対してカレンダー情報の共有をすることが可能です。もちろん共有されたカレンダーについてもスマートフォンなどからそのカレンダーの予定を参照することも可能です。

Googleカレンダーにはご紹介した共有機能以外にも様々な機能が提供されています。文末にあるヘルプをご参照いただくかネット検索をして他の機能もいろいろと試してみるとよいでしょう。

さて2回に渡ってGmailとGoogleカレンダーの利用方法の一部を簡単にご紹介させて頂きました。記事文字数の関係で一部の機能を本当に簡単にご説明するだけになってしまいましたが他にも様々な機能があり、さらにはGoogleドキュメントなどGoogleが提供する他の便利なサービスがまだまだ沢山あります。便利なサービスを上手に利用して薬局業務が行なえるように工夫してみてください。

Googleカレンダーヘルプ


この記事について/著者:いのうえ しげゆき

 
【関連Q&A】
Q.効率的に添付文書改訂について確認できる方法はあるものでしょうか?…
Q.ココヤクが一番のお気に入りですが…。みなさんはどんなサイトを利用して ますか?
Q.患者さんからの質問について答えをだすときにはどのようにして調べていますか?…
 
「薬剤師のインターネット活用術」の連載記事
1.様々な添付文書閲覧方法(1)
2.様々な添付文書閲覧方法(2)
3.様々な添付文書閲覧方法(3)
4.アカウント管理方法(1)
5.アカウント管理方法(2)
6.アカウント管理方法(3)
7.情報収集の心構え
8.Googleサービス利用のススメ(1)
10.インターネットを利用した情報収集方法
11.薬局内でのICT利用術(1)
12.薬局内でのICT利用術(2)
 

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19957件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5654件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る