新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師のインターネット活用術

<<前の記事へ

次の記事へ>>

11.薬局内でのICT利用術(1)

11.薬局内でのICT利用術(1)

2015年01月21日 (水) 07時00分配信 投稿日:15/01/21 07:00 icon_view 603view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 603view

「薬局内でのICT利用術(2)」はこちらから



今回は薬局内でのICT利用術ということでペーパーレス薬局について考えてみましょう。ペーパーレスといっても現在はまだ電子処方箋は認められていません。さらにお薬手帳も紙ベースのものを利用しないと薬剤服用歴管理指導料は満額算定することが出来ませんのでそのことではありません。皆さんの薬局内にもメーカからの医薬品パンフレットや医薬品卸が発行する情報誌、そして無料で送られてくる医療系雑誌などが調剤室の片隅に山積みになっていませんか。

このような情報は薬局内で周知したい情報だったり、いつか参照することがあると考えて置かれているものばかりでしょう。そういった情報が沢山蓄積されていくと「あの情報はどの本に載っていたのか」や「この情報が書かれていたFax用紙はどこに紛れ込んでしまったのだろう」といった混乱も起こるのではないでしょうか。

・ドキュメントスキャナの利用

このような薬局内の印刷物などを整理する手段として考えられるが紙情報の電子化です。

10年程前は紙媒体を電子化するには高級なスキャナが必要でした。さらに1ページずつスキャンを実行する手間は大変なものでした。さらにOCR(Optical Character Recognition:光学文字認識)という読みとった画像の中にある文字をテキストデータ化する処理もかなり時間がかかるものでした。しかし近年になってコンピュータの高速化や保存機器の大容量化、そしてこういった用途に特化したドキュメントスキャナと呼ばれる機器の低価格化などがあいまってペーパーレスが現実のものになりはじめています。

筆者はPFUのScanSnapというドキュメントスキャナを使用しています。このスキャナを利用して持っている書籍の95%以上を電子化しています。もちろん日本薬剤師会雑誌なども電子化してPDFファイルになっておりデータの総量は数百ギガバイトにもなります。また昨今では分厚く重い演題抄録をPDF化して学会に参加する人も増えてきているようです。

ScanSnap iX500

書籍を電子化する際に場合、一般的には背表紙部分を裁断して1ページごとにバラバラにした上でオートシートフィードの機能を利用して高速にスキャンを実行します。しかし最近では書籍を裁断することなく1ページごとにスキャンを実行し、ページの歪みはコンピュータの計算によって自動補正するようなスキャナも発売されています。

ScanSnap SV600

こういったスキャナを利用して薬局内に置かれている紙ベースの情報を電子化することでスペースの有効活用が可能です。

(次ページ) ・ペーパーレス薬局を目指して・・・

 

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る