運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・美容情報(Formy)

<<前の記事へ

次の記事へ>>

ずっと歩く姿がキレイな女性でいるためにやっておくべきことって?

ずっと歩く姿がキレイな女性でいるためにやっておくべきことって?

2014年06月26日 (木) 07時00分配信 投稿日:14/06/26 07:00 icon_view 62view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 62view


みなさん、“ロコモ”ってご存知ですか?
「最近よくCMでみるような…?」
「テレビで特集されたの見たことあるかも・・・」


■ロコモとは?

運動器の障害のために移動能力の低下をきたして、要介護になっていたり、要介護になる危険の高い状態(筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、もしくは複数に障害が起き、歩行や日常生活に何らかの障害をきたしている等)を「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群) 」といいます。

「え、介護とか…別にまだ若いから関係ないじゃん!!」
 


そう思ってるそこのあなた!!
これ、女性にとっては大きな問題なんです。
 

■今こそ必要!?いつまでも自分の足で歩き続ける為に!!

骨や筋肉の量のピークはなんと、20~30代です。
40代、50代から危機感を持っても、遅いことが多いのです。若いうちから意識して予防をしていく、考え方はメタボと同じですね。
ロコモは特に女性が要注意。骨量に影響するエストロゲンというホルモンが更年期に激減するため、男性に比べ早い年齢から骨量減少の影響を受けやすいのです。

「体重が重いと膝とかに負担がかかるから、つまり、痩せてればいいんじゃないの?」
その考え方には大きな落とし穴があります。度の過ぎる痩せは、骨や筋肉が弱いことを表します。確かに、肥満は身体への負担も大きいですが、痩せすぎも要注意です。
ですが、骨や筋肉を維持するためには、適度な運動や適切な栄養を摂取することが大切であり、それを継続していくことが重要です。


■必見!簡単できるロコモ対策!!

実は“ロコトレ”という言葉もあります。
ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイトには、ロコモ度テストやロコモティブシンドロームを予防するためのトレーニングが紹介されています。
その内容は簡単かつ簡潔!「運動は苦手だけど食べるのは好き!!」そんな人には“食生活からロコモ対策”もおすすめです。
年をとっても歩く姿が素敵な女性を目指しましょう!!


【参考】


・ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト
・日本整形外科学会



あなたをカラダから変える健康・美容メディア 『Formy』

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1389件)

show

2018.05.26 new がん薬物療法の進歩に期待される薬剤師の役割とは? 【特集記事】

2018.05.23 new 295.勤務する薬剤師の居場所を 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.05.16 294.騒動の行方は。 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.05.09 293.来場者が行動で示した潜在的関心 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.05.03 99.サラリーマン薬剤師 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(20702件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(18件)

show

ブログ(5336件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る