新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・美容情報(Formy)

<<前の記事へ

次の記事へ>>

低脂肪ダイエットvs低炭水化物ダイエット【自分に合ったダイエットを 】

低脂肪ダイエットvs低炭水化物ダイエット【自分に合ったダイエットを 】

2014年07月22日 (火) 07時00分配信 投稿日:14/07/22 07:00 icon_view 223view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 223view

 

今日は日本アンチエイジング医学会の論文をもとに、低脂肪ダイエットと低炭水化物ダイエットというダイエットの2大巨塔を比べてみます。

さてみなさんは痩せたいとき、食事の脂肪を減らしますか?それとも炭水化物を減らしますか?

実はこの2つ、同じダイエットでもそれぞれ別の効果があることが最近分かってきたのです。


■カラダの2種類の脂肪



 

カラダの脂肪には内臓脂肪皮下脂肪があります。

一般的に言う脂肪は皮下脂肪で、これはカラダの表面について主に美容上の問題になります。

内臓脂肪は筋肉より内側にたまる文字通りカラダの内側の脂肪で、こちらはすぐには美容上の問題にはなりません。

しかし内臓脂肪はカラダの内側からホルモンのバランスなどを崩し、徐々に肌に影響したり生活習慣病の原因になったりします。

そして低脂肪ダイエットは皮下脂肪を減らすのに対して、低炭水化物ダイエットは内臓脂肪を減らす働きがあることが分かってきました。

■自分にあわせたダイエットを


 

低脂肪ダイエットと低炭水化物ダイエットは諸刃の剣のような関係です。

食事は炭水化物・タンパク質・脂肪の3つから成るため、炭水化物を減らせば脂質が増え、逆に脂質を減らすと炭水化物が増えてしまいます。

ですので単に脂肪を減らす・炭水化物を減らすというのではなく、自分のいまのカラダの状態(皮下脂肪が多いのか、内臓脂肪が多いのか)や、どういう効果が得たいのかに合わせて食事のバランスを決めていくのが大事です。

つまり、皮下脂肪を減らしたい場合は低脂肪ダイエット、内臓脂肪を減らしたい場合は低炭水化物ダイエットがオススメです。

それから、脂肪については減らさなくても摂取する脂肪の種類を変えることで上手に皮下脂肪を減らすこともできます。(いわゆる飽和脂肪酸や不飽和脂肪酸というものです。)

このあたりの違いについても、今後の記事でご紹介したいと思います。

いかがだったでしょうか。

新しいダイエット法が流行ると何でもすぐに試してしまいがちですが、自分のカラダに合った方法で頑張ることが大事です。

ぜひ今日の記事を参考に明日からの食事のバランスを考えてみてくださいね。


参考文献


青木晃. 低脂肪VS.低炭水化物ダイエット.アンチ・エイジング医学一日本綴加齢医学会雑誌 Vol.3 No.1.


あなたをカラダから変える健康・美容メディア 『Formy』

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19947件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5649件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月14日~09月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月14日~09月21日

もっと見る