新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・美容情報(Formy)

<<前の記事へ

次の記事へ>>

よくある組み合わせばかり!栄養学的にみた、ほんとは身体に悪い食べ合わせ

よくある組み合わせばかり!栄養学的にみた、ほんとは身体に悪い食べ合わせ

2014年07月24日 (木) 07時00分配信 投稿日:14/07/24 07:00 icon_view 65view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 65view


一人暮らしをしている皆さんのために。
自炊されている方、しようとしている方が多くいらっしゃると思います。自炊すれば食費が浮くし、栄養バランスを考えられるし、異性にもモテモテ!(筆者の目的もそれです)。
でもちょっと待った!栄養学的にあまり相性のよくない組み合わせがあります!せっかくの栄養バランスを崩してしまわないように解説していきます。
 



■きゅうりとトマト



 

きゅうりにはアスコルビナーゼという酵素が含まれています。
アスコルビナーゼはトマトのビタミンC(アスコルビン酸)を破壊してしまいます。
しかしアスコルビナーゼは熱や酸に弱いので、加熱したり、酸や酢を加えたり、柑橘類と合わせたりすると、ビタミンCの破壊を抑えます。他にも人参のアスコルビナーゼが大根のビタミンCを壊すという食べ合わせもよくありません。



■紅茶とレモン



 

紅茶とレモンは実は相性が最悪です。味が苦くなってしまい、紅茶の命である茶色が薄くなってしまいます。
レモンの皮についてしまっている防カビ剤(OPP)と、紅茶に含まれるカフェインが結合すると、発ガン性が増すという報告があります。無農薬のレモンなら発がん性の問題はありません。
オレンジを使ったシャリマティーがよいでしょう。
 
 

■ネギとわかめ



 

中華スープによく見られる組み合わせですね。
ねぎに含まれるリンが、わかめに含まれるカルシウムの吸収を阻害します。
リンとカルシウムは一方が吸収促進されると、もう一方が吸収阻害される性質があります。
青魚に豊富に含まれるビタミンDはリンとカルシウムの吸収をどちらも促進するので積極的に摂るのもよいかもしれません。



■ラーメンとライス



 

炭水化物と炭水化物の組み合わせです。
ビタミンB1(チアミン)は炭水化物の代謝を促進するビタミンであり、炭水化物を取りすぎるとビタミンB1が不足します。
すると炭水化物を代謝できず、脂肪に変換され、脂肪細胞に蓄積されることになり、肥満の原因になります。
ビタミンB群の不足は疲労の原因にもなります。



■納豆と卵



 

納豆はビオチン(ビタミンB群の一種)を含んでいます。
ビオチンにはアレルギー症状の緩和や老廃物の排泄をし、皮膚疾患(アレルギー性皮膚炎やニキビなど)を改善する効果があります。
その他にも糖尿病や膠原病にも効果を発揮します。
しかし、卵白中に含まれるアビジンというタンパク質は、ビオチンの吸収を阻害します。黄身のみを混ぜるか、加熱してアビジンを失活させるとよいでしょう。
 



いかがでしたか?
食べ合わせには伝承的なものも多いですが、科学的に証明されているものもたくさんあります。
よい食べ合わせ、悪い食べ合わせは他にもたくさんあります。これをきっかけに調べてみて、日々の献立に生かしてみては?


あなたをカラダから変える健康・美容メディア 『Formy』

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る