新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・美容情報(Formy)

<<前の記事へ

次の記事へ>>

痩せるだけじゃない?!いいことづくしの今話題の健康法を体験してみた

痩せるだけじゃない?!いいことづくしの今話題の健康法を体験してみた

2014年07月30日 (水) 07時00分配信 投稿日:14/07/30 07:00 icon_view 254view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 254view


体のメンテナンスとして、今注目を集めているのが、ファスティング!

芸能界でも米倉涼子や小倉優子など多くの人がとりいれています。
 


■ファスティングって、なに?!

Fasthingとは、日本語では「飢餓状態」という意味になります。 朝食も英語に直すとbreakfastですが、fastつまり「断食」をbreak「破る」ということ。

つまり、朝食は、夜間何も食べないプチ断食を朝破るという意味なんです!

夜間食事をしないのは、内臓を休め、排出を促し、寝ている間にも脂肪の燃焼をさせるためです。逆に夜食事をしてしまうと、内臓が休まらず、体脂肪を燃焼しづらくしていることになります。

そのため、断食の目的は、おのずと、体本来の機能をよみがえらせる事となります。そうすることで、体温が上がり、デトックスが進むのです。


■ファスティングのからくり

人は、食べた時に消化を助ける、消化酵素と、けがをしたり、お肌の修復をしたりしてくれる、代謝酵素の2つあがあるといわれています。

体内の酵素が10あるとしたら、現代人は、過食により、8割がなんと消化酵素に使われていて、代謝には2割の酵素しか回せていない事が分かっています。

この時、ファスティングを一定期間することで、消化に使われる酵素を、代謝酵素に回すことで、お肌がきれいになったり、脂肪燃焼が普段以上に行われたりするというわけです。

また、研究によっては、長寿遺伝子のサーチュイン遺伝子を活性化してくれたり、味覚をよくしてくれたりと、普段消化で行き届いていなかった代謝酵素が活性化することによって、体の修復をしてくれる事が分かっています。


■ファスティングに挑戦!!

筆者がファスティングを1週間行って現れた効果について上げさせていただきます。

・肌が柔らかくなった
・体重が-3kg
・体脂肪が-2.5
・ウェストが緩くなった
・味覚が研ぎ澄まされて、食材本来の味が感じられた
・朝の目覚めが良くなった
・疲れにくくなった
・基礎体温が上がった(+2℃)

等の体感がありました!(ただし人によって得られる効果は異なります)

今回初めてのファスティングへの挑戦でしたが、効果がはっきり出て、楽しみながら取り組む事ができ、食について考えるいい機会にもなりました。

とにかく体にとっていいことずくしです♪

ファスティングは、断食中に頭痛がしたり、普段調子の良くない場所に痛みを感じたり、様々な好転反応も出てくることもあります。

そのため、取り組み方も含めて、正しい知識を持った人にしっかり教わって、やる事をお勧めします!


あなたをカラダから変える健康・美容メディア 『Formy』

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20050件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5679件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:10月12日~10月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月12日~10月19日

もっと見る