新着記事・レポート

カテゴリーを選択

『Formy』~健康・美容情報~

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『Formy』~健康・美容情報~17.【日本茶】科学的に明らかになっている”カテキン効果”とは?

『Formy』~健康・美容情報~17.【日本茶】科学的に明らかになっている”カテキン効果”とは?

2014年08月08日 (金) 07時00分配信 投稿日:14/08/08 07:00 icon_view 182view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 182view

 

日本人にとって最も身近な飲み物の代表は日本茶です。お茶の素晴らしい効果が今、世界中で注目されています。お茶の代表的成分であるカテキンの効果について論文を参照しながら解説します。
 

■カテキンって何?


 

お茶の苦み、渋みの元となる主成分をカテキン類といいます。カテキン類にはエピカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキン、エピガロカテキンガレートの4種類がありますが、約50%はエピガロカテキンガレートです。

1929年から辻村みちよらにより、緑茶からカテキン類が次々と発見されました。特に代表的な効果はビタミンCやビタミンEとともに抗酸化作用を持つということです。カテキンの抗酸化作用はビタミンCやビタミンEより強いといわれています。


■生活習慣病に関わるカテキンの効果

カテキン類はアンギオテンシンI変換酵素の働きを抑えることで血圧上昇を抑えます。

これは4万人もの大規模な疫学調査で脳卒中による死亡率が40%程度も低くなる(栗山進一ら、2006)ことにより実証されています。

カテキン類は悪玉コレステロール(LDL)の合成を抑えることで、動脈硬化をはじめとする生活習慣病を予防します。

また善玉コレステロール(HDL)の上昇もみられました。これらは富田勲らにより1998年に証明されています。

さらに、お茶はメタボリックシンドロームに効果があることも実証されています。

毎日1回、12週間カテキン類の量が異なる飲料をBMIが高い男性に飲ませたところ、多くのカテキン類を飲んだ人は腹部の脂肪が有意に減りました(長谷正・時光一郎ら、2001)。

この他にも女性の胃がんの発症リスクをかなり低くするという疫学調査の研究も厚生労働省により出されています。


(次ページ)■まだまだあるよ、カテキンの効果・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5575件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る