新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・美容情報(Formy)

<<前の記事へ

一般的にあまり知られていないリバウンドを防止するための策って?

一般的にあまり知られていないリバウンドを防止するための策って?

2014年11月28日 (金) 07時00分配信 投稿日:14/11/28 07:00 icon_view 228view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 228view

■リバウンドとは?



 

体重を落とした後に元に戻ってしまうことです。
過度の食事制限により飢餓状態になってしまっているので栄養分を吸収しやすくなったり、ストレスで食欲が増加していたり、体重減少の原因が筋肉量に起因する物だったために基礎代謝量や運動量が減少していたり、さまざまな原因が考えられています。

今回は一般的にあまり知られていない生理学的な観点からリバウンドを防止するための策を解説していきます。


■摂食中枢



 

食事制限に頼ったダイエットを行っている時に襲ってくる食欲・・・
食事制限を急にすると、体のエネルギーが尽きる前に脳が反応し、交感神経の活動を低下させ、消費エネルギーを減らします。
同時に満腹中枢(視床下部腹内側核)の活動を低下させ、摂食中枢(視床下部背内側核)を亢進し、食欲を増加させるのです。
エネルギーを節約し、食欲が亢進していると体重は上昇してしまいます。


■セットポイント

脳の視床下部は自分の普段の体重や体温などを記憶しています。それがセットポイントです。
体重がいきなり減ると、セットポイントの体重に戻されてしまいます。
体重が急に減るほど、元に戻る力もより強くなります。
ダイエットを成功させるには徐々にセットポイントをずらしていく、長期的なダイエットをすることが大切です。


■糖新生



 

エネルギー不足になったとき、グリコーゲンや脂肪を使われるのはみなさんご存知でしょう。
実は筋肉が分解され、エネルギーをつくられます。これが糖新生です。
運動をしないでダイエットをすると筋肉量が減る糖新生が行われます。
それにより冒頭で書いた基礎代謝量や消費エネルギーが減少します。
糖新生により太りやすい体質となります。

ダイエットは1ヶ月に自分の体重の5%以上減らすと、体がついていきません。
ダイエットは健康になるように体重を減らすことが大切なので、騎手やボクサーの減量とは違います。
ゆっくりとダイエットをすることが大切です♪

またダイエットは「1に運動、2に食事」と言われています。生活の中に無理がないよう運動も取り入れ、代謝量を減らさないようにしましょう。


あなたをカラダから変える健康・美容メディア 『Formy』

Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19965件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5654件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月19日~09月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月19日~09月26日

もっと見る