運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬事法・薬剤師法改正が及ぼす薬剤師業務への影響

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬事法・薬剤師法改正が及ぼす薬剤師業務への影響』2.一般用医薬品のネット販売

『薬事法・薬剤師法改正が及ぼす薬剤師業務への影響』2.一般用医薬品のネット販売

2014年07月15日 (火) 07時00分配信 投稿日:14/07/15 07:00 icon_view 109view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 109view

著者:赤羽根秀宜

1.前回説明したとおり、一般用医薬品のネット販売は、今回の改正で全て行えるようになりました。もっとも、今まで一般用医薬品であったものの一部は、新設された要指導医薬品という区分になり対面販売が必要ですので、ネット販売は許されません。この要指導医薬品については、次回で説明したいと思います。

また、今回の改正では、ネット販売が注目されますが、薬局以外の場所にいる方に販売する形態は、インターネットに限らず、電話販売やカタログ販売等もあります。これら全てを法的には「特定販売」(改正薬事法施行規則1条2項4号)と規定し、全て可能となります。

ただし、可能だからといって自由に販売できるわけではなく、販売者や情報提供については、やはり規制があります。ネット販売といっても、通常の物品の様に自由に販売することはできないのです。

2.そこで、一般用医薬品のネット販売のルールの概要について説明します。
(1)店舗の販売
医薬品は、薬局や店舗販売業の許可を受けた店舗でなければ販売できません。これは、ネット販売でも同じであり、その薬局等からしか販売はできず、薬局とは別の倉庫からの直接配送などは許されません。そして、薬局等は購入者が容易に出入りでき、薬局等であることが外見上明らかでなければいけないとされています。また、ホームページには、薬剤師等の氏名や店舗の写真等の表示をすることが義務づけられた他、ネット販売を行う店舗の一覧は厚生労働省のホームページに掲載されます。


(次ページ)(2)情報提供等・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る