新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師よ、自作ツールで業務改善を実践しよう!

<<前の記事へ

次の記事へ>>

4.Googleマップでデータを可視化してみよう!-前編-

4.Googleマップでデータを可視化してみよう!-前編-

2014年10月23日 (木) 07時00分配信 投稿日:14/10/23 07:00 icon_view 267view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 267view

後編はこちら・・・

著者:赤川信一郎(サンキュードラッグ)


皆さんは『薬局に求められる機能とあるべき姿』をご存知でしょうか。


「当たり前じゃないか!!」と怒られてしまいそうですが、これは“薬剤師が担うチーム医療と地域医療の調査とアウトカムの評価研究”より平成26年1月に発出されたものであり、題目のとおりこれからの薬局の在り方を示したものです。


その中で、調剤を取り巻く環境を危惧する一文もあるのですが、

(中略)その一方で、調剤を中心とした医療用医薬品の供給のみを行い、一般用医薬品や衛生材料等の供給を担っていない薬局も増加し、また、医療機関の近隣に薬局を設置し、特定の医療機関から発行される処方箋を応需することがほとんどであるいわゆる門前薬局も散見され、求められる薬局の姿と大きく異なってきている。

これについて皆さんはどう思われるでしょうか?
「ウチの薬局(私)は、間違いなく地域住民のかかりつけ薬局(薬剤師)だ!!」
と言える方は本当に素晴らしいと思います。


どの病院・診療所を受診しても、自宅近く(または職場近く)の薬局で調剤してもらい、いつも自分のことを良く分かっている薬剤師から服薬指導を受ける。


理想的ですね。


では、現状はどうでしょうか。
自身が務める薬局がどの程度、地域医療に役立てているのか?


ということについて、今回は視覚的に分析してみるために、Googleマップを使って自局で応需している医療機関のマッピングをしてみようと思います。


※前提として、Googleアカウントを所持しているものとします。


1.住所録の大枠をつくる
先ずは、レセコン等から“応需している医療機関のリスト”をPCで編集できるフォーマットで出力します。
最近はExcelで編集できるCSV形式で出力可能なレセコンが多いので助かりますね。


それを、下図のように先頭行のセルにタグとなる文字を入力して編集します。

【A1セル】name
   
・・・医療機関の名称
【B1セル】adress
  
・・・医療機関の住所(町番地は半角が好ましい)
【C1セル】lat
    
・・・医療機関の緯度(後で取得しますので空欄でOK)
【D1セル】lon
   
・・・医療機関の経度(後で取得しますので空欄でOK)
【F1セル】description
・・・場所の説明(住所、電話番号、営業時間)など。
GoogleMapで「説明」に該当する項目

この段階では経度緯度は分かっていないと思いますので空欄で結構です。
 


 

この住所録(大枠)を、xlsまたはxlsx形式ではなく、csv形式(カンマ区切り)にて保存します。


<サンプルのダウンロード>
以下のダウンロードボタンをクリックすると、住所録のサンプルファイルがダウンロードできます。
download
※ダウンロードは無料です。
※圧縮ファイルのため、解凍の上、ご利用ください。 

 

(次ページ)2.各医療機関の経度緯度を調べる。・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る