運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

6年制卒のホンネ

薬剤師のキャリアプラン

薬剤師のキャリアプラン

2014年09月02日 (火) 07時00分配信 投稿日:14/09/02 07:00 icon_view 532view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 532view

突然ですが薬学生の皆様、就職活動は順調でしょうか?ネットサーフィンをしていて、薬剤師の就活サイトの広告がふと目に留まることはありませんか?今回は、薬剤師としてのキャリアプラン形成に焦点を当てたいと思います。どこの大学でも、旧課程の4年制、現行の6年制であれば卒業すると調剤薬局・病院・ドラッグストア・企業、この4つがメジャーな就職先ですよね。現場薬剤師の皆様、どうやって就職先を決断されましたか?

ちなみに、私みたいに6年制卒業して進学というのは1,6%、いわゆる変わり者コースともいえます。大学院進学割合を比較すると、旧制度の4年制は25%、新制度の4年制は92%という報告があります(注1)通常の大学が4年であることに比較すると、6年でプラス2年多く学生している分「勉強はもう一杯!早く社会に出て働き・稼ぎたい」のでしょうか。

薬剤師と他業種で比較します。2013年の大卒(短大含む)の就職活動は平均して8,9ヶ月という報告があります(注2)。苦労に苦労を重ね、ゴールの見えない就職活動の中ようやく勝ち取る内定です。一方の薬学生は、多忙な実務実習の合間であってもピークは半年以内という報告があります(注3)。数字から比べてみても今のご時勢、薬剤師を含めた医療職ほどの売り手市場はまれでしょう。そのため、入社した後でも転職することもたやすく「この会社を選んだ理由」という自分のこだわりが浅くなりがちなのではないでしょうか。就職活動のゴールは内定でも、人生にとっての就職はゴールではなく、そこがスタートです。


(次ページ)私の進路決定を振り返らせてください。私は大学教員への道を決意し・・・

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1383件)

show

2018.04.25 new 291.高まる『対面』の再検討機運 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.18 new 290.全滅全敗と笑顔で話せる業界の感覚 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.13 学会レポート_患者さんが安心してがん治療を受けられ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2018.04.11 289.そちらでやるなら、こちらもこうする 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.06 がん患者さんの治療の伴走者として薬剤師に必要なこと… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(20649件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(15件)

show

ブログ(5796件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:04月18日~04月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月18日~04月25日

もっと見る