新着記事・レポート

カテゴリーを選択

オモテに出ている裏話

次の記事へ>>

1.アリセプト リバイバル 成就なるか

1.アリセプト リバイバル 成就なるか

2014年12月10日 (水) 07時00分配信 投稿日:14/12/10 07:00 icon_view 425view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 425view

こんにちは。IRウォッチャーのムサコです。今回から始まるこのコラムでは、上場している製薬メーカー各社のIRデータやマスコミ向け説明会などの、いわゆる“医療関係者以外向けの資料”から、気になる情報をお伝えしていこうと思います。

その第1回はエーザイです。9月に発表した中間決算で、前年同期比202億円の減収となったエーザイの国内医薬品事業。胃潰瘍治療薬「パリエット」とともに、その中心にあったのがアルツハイマー治療薬「アリセプト」です。ところが、エーザイは通期の目標を変更していません。かつては売上1000億を超えるブロックバスター薬だったアリセプト。2011年には後発品に30社が参入したことがニュースになるなど、ジェネリックが攻勢を強めていくなか、口腔内崩壊錠や内服ゼリー剤、ドライシロップ剤など、剤形追加をすることでなんとか防衛していたものの、そうした中での、強気ともいえる売上目標。エーザイの狙いを同社中間決算の決算説明資料からご紹介します。

 

■「レビー小体型認知症の効能・効果」取得を追い風に

2014年9月、アリセプトは世界初となる「レビー小体型認知症の効能・効果」を取得しました。もちろん、「世界初」ですから競合新薬はおろか、ジェネリックも存在しません。これを期にエーザイでは、「アリセプト リバイバル」と自らが呼ぶ、一大キャンペーンを下期に仕掛ける模様です。レビー小体型認知症は認知症高齢者の約20%を占めるといわれていながら疾患認知度が低い病気です。進行性の認知機能障害に加えて、認知機能の変動や幻視、パーキンソニズムなど特有の症状を示すため、認知症と気づかれにくい特徴があります。このレビー小体型認知症の効能・効果の獲得について、調査によると、ディテールを受けた約4割の医師がアリセプトの処方を「増やすと思う」または「採用すると思う」と回答しています。これに加え、新たに疾患啓発用ポスターを制作、11~12月はテレビスポットによる疾患啓発、1~3月には認知症教育番組を放送予定と、DTCを活用し、レビー小体型認知症の疾患認知度の早期向上を行うとのこと。高齢者人口の増加に伴い、今後も患者数が増加するとみられる認知症薬の2013年市場は1380億円。前年比114.8%の成長領域です。2022年には2420億円市場となることが予測(ともに富士経済調べ)されています。1999年に発売され、認知症薬の市場を常にリードしてきたアリセプト。見事に復活するか、下期は注目です。


著者:ムサコ

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:2件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る