運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

オモテに出ている裏話

次の記事へ>>

1.アリセプト リバイバル 成就なるか

1.アリセプト リバイバル 成就なるか

2014年12月10日 (水) 07時00分配信 投稿日:14/12/10 07:00 icon_view 422view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 422view

こんにちは。IRウォッチャーのムサコです。今回から始まるこのコラムでは、上場している製薬メーカー各社のIRデータやマスコミ向け説明会などの、いわゆる“医療関係者以外向けの資料”から、気になる情報をお伝えしていこうと思います。

その第1回はエーザイです。9月に発表した中間決算で、前年同期比202億円の減収となったエーザイの国内医薬品事業。胃潰瘍治療薬「パリエット」とともに、その中心にあったのがアルツハイマー治療薬「アリセプト」です。ところが、エーザイは通期の目標を変更していません。かつては売上1000億を超えるブロックバスター薬だったアリセプト。2011年には後発品に30社が参入したことがニュースになるなど、ジェネリックが攻勢を強めていくなか、口腔内崩壊錠や内服ゼリー剤、ドライシロップ剤など、剤形追加をすることでなんとか防衛していたものの、そうした中での、強気ともいえる売上目標。エーザイの狙いを同社中間決算の決算説明資料からご紹介します。

 

■「レビー小体型認知症の効能・効果」取得を追い風に

2014年9月、アリセプトは世界初となる「レビー小体型認知症の効能・効果」を取得しました。もちろん、「世界初」ですから競合新薬はおろか、ジェネリックも存在しません。これを期にエーザイでは、「アリセプト リバイバル」と自らが呼ぶ、一大キャンペーンを下期に仕掛ける模様です。レビー小体型認知症は認知症高齢者の約20%を占めるといわれていながら疾患認知度が低い病気です。進行性の認知機能障害に加えて、認知機能の変動や幻視、パーキンソニズムなど特有の症状を示すため、認知症と気づかれにくい特徴があります。このレビー小体型認知症の効能・効果の獲得について、調査によると、ディテールを受けた約4割の医師がアリセプトの処方を「増やすと思う」または「採用すると思う」と回答しています。これに加え、新たに疾患啓発用ポスターを制作、11~12月はテレビスポットによる疾患啓発、1~3月には認知症教育番組を放送予定と、DTCを活用し、レビー小体型認知症の疾患認知度の早期向上を行うとのこと。高齢者人口の増加に伴い、今後も患者数が増加するとみられる認知症薬の2013年市場は1380億円。前年比114.8%の成長領域です。2022年には2420億円市場となることが予測(ともに富士経済調べ)されています。1999年に発売され、認知症薬の市場を常にリードしてきたアリセプト。見事に復活するか、下期は注目です。


著者:ムサコ

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:2件

記事・レポート(1274件)

show

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 new 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

2016.11.15 217.ちょっと黙れと言い放った 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18396件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5379件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月27日~12月04日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月27日~12月04日

もっと見る