新着記事・レポート

カテゴリーを選択

オモテに出ている裏話

<<前の記事へ

次の記事へ>>

3.「外国語対応薬局」のススメ

3.「外国語対応薬局」のススメ

2015年01月07日 (水) 07時00分配信 投稿日:15/01/07 07:00 icon_view 1005view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1005view

■「外国語対応」できていますか?

東京オリンピックを5年後に控え、グローバル化が進んでいるとはいっても、まだまだ外国語が対応可能な薬局は多いとは言えません。昨年10月にくすりの適正使用協議会が行った調剤薬局の薬剤師対象の外国人患者への対応の調査では、78%の薬剤師が「薬局に外国語対応可能なスタッフがいない」と回答。88%の薬剤師が「外国人患者に不安を感じる」と回答しています。逆の立場になればすぐ分かると思いますが、外国人にとって医療情報はとても重要。母国語で対応してくれた、という評判は、日本人以上に迅速かつ広範に広がっていきます。また、「外国人にも対応できる薬局」というのは、日本人から見ても「国籍を問わず、患者さんのことを思ってくれる」という好印象を与え、集患にも良い影響を与えます。とはいえ。外国語堪能な薬剤師を今からそろえるというのも、ただでさえ人材難のこの状況では難しいかと。そこで、今回は製薬メーカーや薬剤師会などが作成した、「明日から使える」便利なwebサイトをご紹介します。

 

■スグに使えるおススメwebサイト5選

薬局で役立つ英会話 ~佐賀県薬剤師会 女性薬剤師部
佐賀県の女性薬剤師会が作成した英会話集。服薬方法や注意事項など、実際の現場に役立つ会話をセレクトしているほか、医療薬学英語は専門用語のほかに口語的表現も教えてくれる。

医療機関用外国人ハンドブック ~群馬県医師会
英語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語に対応。問診~服薬~入院~会計に至るまで、シーン別にまとめられているほか、文化やお国柄の情報も教えてくれる。例えば、タガログ語を使うフィリピンでは風邪をひかないために「午後6時から必ず子供は帽子をかぶる」など。

外国語応対のためのツール集 ~石川県薬剤師会
英語、中国語、韓国語、ポルトガル語に対応。症状確認の用語集など基本的なものだけでなく、来局目的の確認からお伺い書(初回アンケート)、薬袋作成支援ツールまで、実務作業に使えるツール集。

メディカルハンドブック ~茨城県国際交流協会
英語、中国語、ポルトガル語、タイ語、タガログ語、スペイン語、韓国語、インドネシア語に対応。会話が苦手な人のために指さしでコミュニケーションを取れるようにしている。

病院での英会話 ~ノバルティスファーマ
こちらは科目別に問診をスライド形式で教えてくれる。実務はもちろん、英語の教材テキストとしても○。

こちらを取り入れて「国際化薬局」を目指してみるのはいかが?


著者:ムサコ

Good6

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る