運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

オモテに出ている裏話

<<前の記事へ

次の記事へ>>

4.口先だけの「ワークライフバランス」になっていませんか?

4.口先だけの「ワークライフバランス」になっていませんか?

2015年01月29日 (木) 07時00分配信 投稿日:15/01/29 07:00 icon_view 326view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 326view

■調剤薬局業界「有給取得率の低い業界ランキング」ワースト5位に

先日、就職・転職リサーチサイト「Vorkers」を運営する株式会社ヴォーカーズが、女性の「働きやすさ」に関する調査レポートを発表しました。その中で、「有給取得率の低い業界ランキング」があり、なんとその第5位に「調剤薬局」がランクイン。トップ3が「フードサービス、飲食」「理容、美容、エステティック」「教育、研修サービス」という、土日も営業している接客関係の業界の中、医療業界では(調剤薬局もいわば接客ですが)、10位の「介護、福祉関連サービス」とともにランクインしてしまうという不名誉な結果になってしまいました。もともと、人材の不足感の大きい調剤薬局業界。近年では、地域医療が活発化したことにより、人材確保はより一層困難になっています。人手が足りない→現在、勤務している薬剤師に負担がかかる→休めない→退職→さらに人手が足りなくなる、という悪循環にはまっていることは日の目を見るより明らかです。

参考:Vorkers「有給取得率の低い業界ランキングワースト10」

 

■ワークライフバランスの「見える化」を

そんななか、各薬局ともに、ワークライフバランスを打ち出して、採用を積極化していると思いますが、現場で働くみなさんは実感できていますか?「ワークライフバランス」を。本当にワークライフバランスの充実に取り組んでいるか、それは「データとして見える化しているかどうか」で判断できます。例えば、埼玉県に14店舗を展開するコスモ調剤薬局では、以下のようなデータを公開しています。

有給休暇全社員年間取得平均日数・・・・15.6日
1カ月あたり時間外労働時間・・・・平均2時間
就学前の子育ての中の社員・・・・11人  過去3年間に出産した人・・・・8名
そのうち育児休業を取得した方・・・・8名 
※入社して2人出産して復職した人・・・・8名

こうした実際のデータがリアルなワークライフバランスの評価につながります。

実際、こちらは平成23年2月に埼玉県子育て応援宣言企業登録を受けています。皆さんの職場でもぜひ、ワークライフバランスの推進を。そしてその「見える化」をすすめてみてはいかがでしょうか?


著者:ムサコ

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る