運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

オモテに出ている裏話

<<前の記事へ

次の記事へ>>

13.カレーやパスタがドラッグストアの命運を握る?

13.カレーやパスタがドラッグストアの命運を握る?

2015年06月03日 (水) 07時00分配信 投稿日:15/06/03 07:00 icon_view 293view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 293view

こんにちは。「カレーは飲み物」と信じてやまないムサコです。なんでカレーの話から始めたのかは後ほど。経済産業省が2014年の1月から毎月発表している「専門量販店販売統計速報」という統計。それまでは、商業の販売動向の集計対象は百貨店とスーパーのみだったのですが、それでは個人消費の動向がつかみづらい、ということで、「家電大型専門店」「ドラッグストア」「ホームセンター」の消費動向も発表することになったそう。

で、下の図が2017年3月の商品別売り上げ構成です。ドラッグストアでは、ドラッグ(調剤プラスOTCで22.3%)よりも食品が売れている(24.8%)んですね。ドラッグストアにお勤めの方は「何を当たりまえのことを…」とお思いかもしれませんが、これ、なかなか他の業態では考えられないことではないでしょうか?

image001

ちなみに同統計では都道府県別の販売額&店舗数も掲載しています。2014年3月からの1年間で最も店舗増加率が高かった(=競争が激化した)のは和歌山県。前年比12.5%増の27店舗でした。一方、もっとも店舗減少率が高かったのが群馬県のマイナス20.4%。どうした、群馬県。

 

■ドラッグストアでは「食品」が注力分野?

話を戻します。前述の通り、ドラッグストアにおける最重要分野の1つが食品なのですが、おのずとその商品開発にも力を注ぎます。そう、プライベートブランドです。各社ともに、食品をはじめ、さまざまな分野でプライベートブランドを充実させています。例えば、マツモトキヨシのPBブランド「MK CUSTOMER」。通販サイトでは、138件の食品が並んでいます。ラインアップの豊富さならば、ツルハドラッグの「M's one」も負けていません。中でも個人的に注目したのは、ニッポンハムと組んだ「M's oneレストランカレー」。「フルーツの旨みを加えたソースで牛肉と野菜をとろけるまで煮込みました。あめ色になるまでじっくり炒めた玉ねぎでとろみとコクをつけました。じゃがいもたっぷり」(商品紹介より)とのこと。

カレー目当てにドラッグストアへ。そんなことももう当たり前なんですよね。


著者:ムサコ

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る