運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

オモテに出ている裏話

<<前の記事へ

次の記事へ>>

16.「うわっ…私の年収、低すぎ…?」の真実、教えます。

16.「うわっ…私の年収、低すぎ…?」の真実、教えます。

2015年07月15日 (水) 07時00分配信 投稿日:15/07/15 07:00 icon_view 700view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 700view

こんにちは。社会人になって最初の給料で、親からの借金を返して親孝行したつもりになっていたムサコです。厚生労働省は毎年、さまざまな職種における平均給与の調査結果を発表しています。最新の「平成25年賃金構造基本統計調査」においての、病院内役職の平均給与は以下の通り。

 
image001
 

薬剤師の平均月給は36万6414円で、医師や管理職を除く医療従事者では、放射線技師に次いで高い金額であることが分かります。ちなみにもっとも高いのは病院長で170万9205円、薬局長では49万3790円とのこと。

 

■「そんなにもらってねーよ!」とお怒りの皆さんにカラクリを

よくテレビなどで話題になる「平均年収」「平均給与」。こちらには実は大きなカラクリが隠されています。

「平均給与」は税引前の金額なんです。あと、保険や年金も引かれてません。この数字は、税金や保険、年金などが引かれる前の、いわゆる「税引前給与」であることがミソ。つまり、実際の手取りはこの金額からさらに1~2割くらい引かれた金額となるのです。

 

■「それでも、そんなにもらってねーよ!」とさらにヒートアップしたあなたに

この平均給与は、「全員の給与の合計」÷「人数」で出されています。つまり、「超もらっている」人がいると、その分、平均給与は上昇します。例えば、薬剤師Aさんが月に620万円もらっていたとします。そして、薬剤師BさんからWさんまでの19人が月に20万円もらっているとします。そうすると、

【620万円+(20万円×19人)】÷20人=50万円

が平均給与として出されます。19人にとっては「そんなにもらってねーよ」となるのは当然です。平均給与に右往左往せず、「やりがい」を大切に職場を選びましょう!………..なんてキレイゴトは置いといて、これらの計算方法は、税引き後だったり、上位下位5%の年収者を集計から除外したりと、集計方針によって変わりますので、求人原稿などの「社員の平均年収」データなどは、どのような計算をしているのか、面接時に聞いてみるのもいいかもしれません。ではまた。


著者:ムサコ

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1274件)

show

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 new 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 new 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

2016.11.15 217.ちょっと黙れと言い放った 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18396件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5379件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月26日~12月03日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月26日~12月03日

もっと見る