新着記事・レポート

カテゴリーを選択

オモテに出ている裏話

<<前の記事へ

次の記事へ>>

17.討ち死にしないために!求人広告“地雷ワード”ベスト3

17.討ち死にしないために!求人広告“地雷ワード”ベスト3

2015年07月29日 (水) 07時00分配信 投稿日:15/07/29 07:00 icon_view 421view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 421view

こんにちは。求人広告は同じモノを最低3回は見直すムサコです。アベノミクスのおかげかどうかは知りませんが、どこもかしこも人手不足。求人サイトには今日もたくさんの求人広告が掲載されています。実はワタクシ、過去に求人サイトのライター経験もありまして、そこで学んだ、求人広告にありがちな“地雷ワード”をご紹介します。

 

■「アットホームな職場です」「なんでも聞きやすい環境です」

よく見るこのコトバ。アットホーム=まるで家のような、とありますが、これを読んでいる皆さんも、それぞれ「自分の家」のイメージが異なりますよね?これがもし、「毎月、社員の誕生日を祝ってケーキが出されるような」とか具体的なイベントや例があったらいいのですが、それが無い場合は地雷ワードの可能性大。下手すると、「家にいるより長い時間働く」から「アットホーム」なのかもしれません。また、「なんでも聞きやすい環境」も地雷ワード候補。逆に「何一つ聞きづらい環境」ってなんだ?って考えると、このコトバの空虚さが分かりますよね。

 

■年収例:26歳 400万円

給与の表記のほかに年収例が記載されていると、非常に親切に思いますが、実はこれが落とし穴の可能性が。例えば、26歳でも、入社何年目か、役職はついているのかどうか、で幅がありますし、400万円にしても、額面の総額なのか、手取りなのか、そのうち給与の部分はどのくらいで、手当の部分はどのくらいなのか、などの情報が少ないところは、面接の際に聞いたほうがいいかも。

 

■賞与あり

これもよく見るコトバですが、実は地雷が2つ隠されています。まず1つは、これは「賞与を支払う制度あり」であって、「毎年必ず賞与が払われて」いない可能性もあるということ。前年度は賞与があったのか、そしてその支払いはどのくらいだったのか、もし聞けたらチェックしておきましょう。また、この「賞与」が年収例の中に入っている可能性もあります。例えば、前出の「26歳 400万円」の例で、賞与が年間60万円だった場合、実質の給与は340万円となります。この給与と賞与については、命の次に大事なお金のハナシなので、慎重にチェックしましょう。

「やりがい」や「キャリアアップ」が第一の転職理由であっても、霞を食べて生きてはいけないのもまた事実。どこかの求人サイトのキャッチコピーではありませんが、「転職は、慎重に」。ではまた。


著者:ムサコ

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る