運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

オモテに出ている裏話

<<前の記事へ

次の記事へ>>

18.薬剤師は夫婦円満になりやすい?

18.薬剤師は夫婦円満になりやすい?

2015年08月19日 (水) 07時00分配信 投稿日:15/08/19 07:00 icon_view 537view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 537view

こんにちは。「愛されるよりも、愛したい。マジで」なムサコです。そんな想いのすれ違いの末に、起こってしまうのが「離婚」です。今回は、日本の、そして薬剤師の「離婚」について。

厚生労働省のデータによると、統計を開始した昭和25年以降、離婚件数は緩やかに上昇。バブル景気まっただ中だった、昭和59~63年には15万件程度にまで減少したものの、バブル崩壊後は増加の一途をたどり、平成14年には約29万件に。その後やや減少し、平成24年の最新データでは23万1383組となっています。また、都道府県別の離婚率の高さでは、1位が沖縄県、2位が北海道、3位が大阪府となっています。ここで注目したいのは、トップ10に九州&沖縄が5つもランクインしていること。離婚に関しては「南高北低」があるようです。続いて、総務省統計局のデータから、世界に目を向けてみると、日本の人口1000人あたりの離婚件数は1.8件、アジアの平均は1.7件なので「まあ普通」と言えるでしょう。他の国に目を向けると、ロシアが最も高く4.5件、次いでベラルーシの4.1件と続きます。よくアメリカが「離婚(&訴訟)大国」とイメージする人も多いですが、統計上では、2.8件でキューバ(2.9件)よりも低く、コスタリカやデンマークと同じくらい、というのが意外です。

さて、薬剤師の離婚率です。日本のデータではないのですが、アメリカで行われた医療関係者の離婚率調査によると、一般の離婚率が35%だったのに対して、薬剤師の離婚率は22.9%、医師の離婚率は24.3%、看護師の離婚率は33%という結果になりました。よく、「医療関係者は離婚率が高い」と言われていますが、この結果は意外でした。

とはいうものの、やはり夫婦は円満が一番(←無理やりまとめにかかっている)。パートナーには最大限の思いやりを。以上、得意技は「妻へのフライング土下座」のムサコでした。ではまた。


著者:ムサコ

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る