新着記事・レポート

カテゴリーを選択

オモテに出ている裏話

<<前の記事へ

次の記事へ>>

22.「意識高い系」ママ薬剤師は正社員に多い!?

22.「意識高い系」ママ薬剤師は正社員に多い!?

2015年10月28日 (水) 07時00分配信 投稿日:15/10/28 07:00 icon_view 475view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 475view

■「誰得?」な“雇用形態別”ママ薬剤師意識調査

こんにちは。自称「クラッカー5枚を水を使わず、早く飲みこむ」日本記録保持者のムサコです。唾液が枯渇しますので、良い子のみんなはマネしないでね。さて、先日、アポプラスステーションが気になる調査結果を発表しました。それは、「正社員」のママ薬剤師と「派遣・パート」のママ薬剤師に仕事意識に違いはあるのか?というもの。「正社員雇用」のママ薬剤師を「プチエリートママ」と名付ける一方、「ハケン・パートママ」はカタカナにわざわざ変換して表記するなど、ちょっと「うーん」な感じが漂うこの調査ですが、その辺はおいといて、結果を見てみましょう。

 

■自分が体験した仕事の中で薬剤師としての存在価値を感じるものは?

プチエリートママで“地域の医療活動”や“在宅医療に貢献できる”“学会などの準備・発表”などの数値が高いのが特徴的です。正社員がより広い職域を任されていることが分かります。

image001

 

■薬剤師としてレベルアップをするために、実施していることは?

“書籍や雑誌を買って勉強”や“社内研修やEラーニングで勉強”が上位を占め、基本的な勉強方法は、プチエリートママもハケン・パートママも変わりませんでした。プチエリートママでは“他社の薬剤師との交流”や“学会発表に向けての準備への参加”が多く、プチエリートママは少し違ったアプローチで情報収集を行っていることがうかがえます。

image003

 

■5年後はどんな薬剤師になっていたいですか?

プチエリートママで“地域の医療活動”や“在宅医療に貢献できる”“学会などの準備・発表”などの数値が高いのが特徴的でした。

image004

 

■やれること=雇用形態なのか

自ら取り上げておきながら、なんでしょう、この「正社員薬剤師=意識高い」をイメージさせる結果は。個人的に最も「?」が浮かんだのが、一番上で紹介した「薬剤師としての存在価値」の設問。確かに学会発表や後進の育成など、やれることがいっぱいありますが、本来の薬剤師の役割とは、患者さんに正しくお薬をつかってもらうことのはず。それが35%や59%だったという結果には残念な思いしかありません。

この調査、「誰得?」な感じ満載ですが、ま、これもある視点からの「リアル」ということかもしれませんね。ではまた。


著者:ムサコ

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る