運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

オモテに出ている裏話

<<前の記事へ

次の記事へ>>

薬剤師が評価する「製薬企業サイト」を分析してみた

薬剤師が評価する「製薬企業サイト」を分析してみた

2016年05月26日 (木) 07時00分配信 投稿日:16/05/26 07:00 icon_view 238view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 238view

こんにちは。生まれて初めて自分のお金で買ったレコードは「ヒゲのダンスのテーマ」のムサコです。さて、ネグジット総研が2月に「薬剤師が選ぶ製薬企業医療従事者向けサイト評価調査2015」の調査結果を発表しました。

それによると、「薬剤師が選ぶ製薬企業医療従事者向けサイト」の総合評価、2015年に最も評価した連載・特集のある「製薬企業医療従事者向けサイト」ともに、トップが「サノフィ」、2位が「ファイザー」、「アステラス製薬」が3位という結果となりました。

図1

図2
(ともにプレスリリースより)

 

■多様なジャンルのサノフィ、ファイザー 特化型の大日本住友、エーザイ

薬剤師が企業情報サイトに求める情報はもちろん、医薬品や副作用に関する情報かと思います。ですが、製薬企業側はそれ以外にもさまざまなコンテンツを提供しています。そこで、上位にランキングされたサノフィ、ファイザー、大日本住友、ファイザーの4社の医薬品に関する情報以外のコンテンツにどのようなものがあるかを分析してみました。

図3

image001
(各社サイトは未ログイン状態で表示されているもの。ジャンル分けは筆者)

 

トップのサノフィは、ジャンルが多岐にわたっているのに加え、狭間研至先生や井手口直子先生、赤羽根秀宣先生など、一般メディアでも登場するような著名な方をラインアップに並べていることが特徴です。一方、大日本住友は「ノウハウ・実務サポート」ジャンルが、エーザイは「インタビュー・事例紹介」「経営・マネジメント・法律」ジャンルが充実している特化型といえます。今後も、製薬企業がメディアを立ち上げる流れは続きそうですが、このような「コンテンツの並び」に注目してみるのも面白いですよ。ではまた。


著者:ムサコ


*この記事は2018年2月14日に更新しました。
*本記事の掲載内容、データ、リンク先、著者の所属先や肩書などは掲載当時のものです。

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1389件)

show

2018.05.26 new がん薬物療法の進歩に期待される薬剤師の役割とは? 【特集記事】

2018.05.23 new 295.勤務する薬剤師の居場所を 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.05.16 new 294.騒動の行方は。 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.05.09 293.来場者が行動で示した潜在的関心 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.05.03 99.サラリーマン薬剤師 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(20698件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(18件)

show

ブログ(5335件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る