新着記事・レポート

カテゴリーを選択

メンタルヘルス

<<前の記事へ

次の記事へ>>

2.自分を守るスルー力~私は私、あなたはあなた~

2.自分を守るスルー力~私は私、あなたはあなた~

2015年03月19日 (木) 07時00分配信 投稿日:15/03/19 07:00 icon_view 458view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 458view

著者:藤井雅子(心理カウンセラー)


先日発売になった拙書『「なぜか怒っている人」の取り扱い説明書』のなかで、私は他人からの怒りに「上手にスルーすること」をお勧めしていますが、今回はその「スルー力」についてもっと詳しくお伝えしたいと思います。

まず誤解していただきたくないのは、スルー=無視ではないということです。無視というのは、相手の存在を否定する完全な拒絶ですが、スルーというのは、「上手にかわす」柳のように自在に身をかわしてダメージを受けないようにするイメージです。

しかし、スルーするのはそんなに簡単なことではありません。

なぜなら、スルーするには、他人に巻き込まれないでいられる他人との境界と自分のなかに確たる芯がなければならないからです。

他人との境界がしっかりもてていれば、どんな感情をもつのもその人の自由であり、他人がコントロールできるものでも責任をもてるものでもないと思えるので、他人をスルーすることに罪悪感を覚えなくてすみます。

しかし、他人との境界があいまいになっていると、スルーするのが冷たいことのように思えて相手に申し訳ないような気がしたり、スルーしたくてもどうしても相手の感情にひきずられてしまったりします。

誰かがイライラしているのを見ると、自動的に「何か私が悪いことをしたのではないか」と思ってしまう人は、境界があいまいになっている可能性が高いので要注意です。

他にも、つい他人の顔色をうかがってしまうくせのある人、自分がどう思われているか気になってしまう人、期待されると必要以上に頑張って疲れてしまう人など、いずれも他人との境界があいまいになっている傾向があるので気をつけましょう。

ひとは誰でも自由に怒ったり喜んだり、何かを好きになったり嫌いになったりする権利があります。どんな感情をもつのも、どんな期待をするのもその人の選択であり責任です。


(次ページ)反対に、あなたがどんな感情を・・・

Good6

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る