新着記事・レポート

カテゴリーを選択

メンタルヘルス

<<前の記事へ

次の記事へ>>

10.逃げていいときと逃げないほうがいいとき

10.逃げていいときと逃げないほうがいいとき

2015年11月11日 (水) 07時00分配信 投稿日:15/11/11 07:00 icon_view 548view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 548view

著者:藤井雅子(心理カウンセラー)


カウンセリングでは、人間関係に悩んでいる方に、問題のある人から距離をとって離れるように勧めることがあります。その相手は上司、親、パートナー、友だちなどさまざまですが、「それって逃げじゃないですか」と抵抗されることが少なくありません。

もしかしたら、「逃げること=卑怯、恥ずべきこと」のようなイメージがあるのかもしれませんが、これはすべての場合にあてはまるものではありません。

いちばん優先すべきなのは自分を守ることです。そのためには、逃げなければならないときもあるということをどうか忘れないでください。むしろ、自分を危険にさらして傷つけたままでいることのほうが大問題です。

たとえば、世界の危険地域に足を踏み入れてしまったら、すぐに逃げますよね。もしそれを臆病者だと非難されたら、その場所にとどまりますか。あるいは、逃げる人を見て、情けない人だと思いますか。

自分の環境を自分で守るのはあたりまえのことです。恥ずかしいことでも何でもありません。堂々と自分を守って、逃げるべき時は速やかに逃げてください。そして、自分の身を守れたことを大いにほめてあげましょう。

特に、パワハラ、セクハラ、モラハラ、いじめなどはまともにターゲットになり続けてはいけません。すぐに逃げて、適切な人に相談しましょう。

自分を守るために逃げてもいいかどうかの基準は、自分が被害を受けているか、あるいは被害を受けそうな客観的な根拠があるか(「そんな気がする」は不可)どうかです。被害を受けながら、「いつかわかってくれるのでは」と願うのはもうやめましょう。今までわかってくれていない人がいつかわかってくれることはほとんどありません。

私は奇跡を否定しませんが、その確率は極めて低く、その確率に賭けて自分を傷つけ続けることには賛成できません。

あなたをいちばん守れるのはあなた自身です。助けにきてくれる王子様を待たないで、あなたがあなたの王子様になってあげてください。危険な環境からは一刻も早く救い出してあげましょう。

一方、逃げないほうがいいときとはどんなときのことを言うのかというと、私の考えでは、自分自身の根本的な問題に気づいたときだと思います。


たとえば、本当は嫌なんだけど人からの誘いを断ることができずつい「イエス」と言ってしまい、後でとても消耗しモヤモヤした気持ちになる・・・こんなパターンをくり返しているなら、「イエス」と言うのは逃げであり、「ノー」を言うことが自分に向き合うことです。

本音と裏腹に「イエス」と言うことで、一時的には断るという苦手なことをしなくて済みますが、根本的な問題は何も解決されません。むしろ、苦手なことを先送りにしたことで、さらに自己嫌悪が深まったり自信をなくしたりと状態は悪化していきます。

こうした自分自身の根本的な問題については、逃げ続けても逃げ切れることはないでしょう。解決するには、向き合うしかないと覚悟を決め、問題にとり組むしかありません。

とはいえ、今まで自分に向き合ったことが少ないと、頭ではその重要性がわかっていても、いきなり自分に向き合うのはとても恐ろしいことだと感じ、ついいつものように逃げたくなってしまうかもしれません。

しかし、自分に向き合うことは怖いことでも辛いことでもありません。誰でも未知のことには不安を覚えますが、自分に向き合う経験が少ないのもこれと同じです。やったことがないから尻込みするだけで、実際のところ、自分に向き合うこと、つまり自分をよく知っていくことは、とても楽しいことです。

よくあるのは、ハラスメントやDVのような逃げるべき状況では逃げず、逃げるべきではない自分自身の問題からはすぐに逃げてしまうパターンです。

前者は慣れ親しんだ状況なので、いくら苦しくてもそこにとどまるほうがラクなのでしょう。また、ここから脱するには自分の問題として新しい行動を起こさなければならないので、そうした未知の経験への怖れもあるでしょう。

自分の問題からは逃げ切れません。逃げ続けても、ずっと問題はついてまわります。しかも、どんどん厄介になっていきます。

すぐには覚悟が決まらないかもしれませんが、もし自分の問題にうっすらとでも気づいているなら、いつかぜひ向き合ってみてください。それは決して怖いことではなく、自分らしく自由でいられるようになる第一歩となるでしょう。


この記事について/著者:藤井雅子(心理カウンセラー)

Good6

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19948件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5650件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月15日~09月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月15日~09月22日

もっと見る