新着記事・レポート

カテゴリーを選択

メンタルヘルス

<<前の記事へ

次の記事へ>>

11.口角をあげて好感度アップ~雑談が苦手な人によくある誤解と押さえるべきポイント~

11.口角をあげて好感度アップ~雑談が苦手な人によくある誤解と押さえるべきポイント~

2015年12月10日 (木) 07時00分配信 投稿日:15/12/10 07:00 icon_view 484view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 484view

著者:藤井雅子(心理カウンセラー)


これからの季節は、クリスマスや忘年会、新年会などのイベント続き。普段SNSでのやりとりが多く、リアルなコミュニケーションがあまり得意でない人にとっては、少し気が重い時期かもしれませんね。

もともとあまり他人に興味がなく、人目もあまり気にならないという人ならそのままでいいのですが、コミュニケーションに苦手意識があり、人目も気になるという人にとっては大きな問題でしょう。

カウンセリングでも、仕事など何か目的のある会話は問題ないけれど、雑談や世間話のような特に目的のない話が苦手だというご相談は珍しくありません。特に、女性の場合は、一般におしゃべりなイメージがあるせいか、そうでない人のストレスはかなりのものです。

雑談が苦手な人にとって、特に目的もないとりとめもない話は、意味のない無駄なものだと思われるかもしれません。しかし、雑談は会話において上級スキルです。一見目的がないように思えても、実は雑談によってその人の人となりがわかったり親しみが湧いたりするなど、人間関係を深める潤滑油としてとても役に立っているのです。

雑談はコミュニケーションの上級スキルなので、誰もが上手にできなくてあたりまえです。会話に苦手意識のある人は、いきなり上級レベルを目指すより、基本である目的のある会話を確実にこなすことに力を注ぎ、雑談が求められる場面では無理をしないでその場になじむことを意識しましょう。

では、具体的にどうしたらいいかというと、基本は「ニコニコしていること」です。

会話が苦手だという人は、よく「おもしろい話ができない」と言いますが、おもしろい話ができるのはごく一部の人で、これはかなりの上級レベルです。芸人になるわけではないのですから、おもしろい話などできなくても、聞かれたことににこやかに答えられれば充分です。

むしろ、喋ることより聴くことに力を入れるほうが、まわりには喜ばれます。人は、いい聴衆がいれば喋りたくなるものです。そして、喋り好きな人は、多くの場合、人の話を聴くのが苦手です。「餅は餅屋」に倣って、お喋りは上手な人に任せ、喋り好きな人が気持ちよく喋れるようにいい聴衆になることでWin-Winを目指してはどうでしょう。その雰囲気づくりの基本が「ニコニコしていること」です。


(次ページ)会話が苦手な人は、・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 new 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.27 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19850件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5616件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月12日~08月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月12日~08月19日

もっと見る