運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

メンタルヘルス

<<前の記事へ

次の記事へ>>

17.達成感を求めすぎるのは危険

17.達成感を求めすぎるのは危険

2016年06月09日 (木) 07時00分配信 投稿日:16/06/09 07:00 icon_view 459view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 459view

著者:藤井雅子(心理カウンセラー)


仕事でもプライベートでも達成感が得られないと満足できない人がいます。あなたはいかがでしょうか。

達成感を求めるのは悪いことではありません。何かを成し遂げたときの達成感はとても気持ちのいいものです。ただ、高い目標を掲げ、それを達成するまでの自分にずっと「できてない」「足りない」とダメ出しをし続けるとしたら、それは問題です。

自分にダメ出しをするということは、ありのままの自分を否定することになります。これでは、自信のもとになる自己肯定感が育ちません。

自己肯定感が低いと、たとえ目標を達成しても、「ここで満足したら成長がとまってしまう。怠けたらおしまいだ」とばかりに、次の瞬間には「もっともっと」とさらなる目標を掲げ、新たな欠落感と達成感を求めて走り続け、いずれダウンしてしまうという悪循環に陥りやすくなります。

たしかに、仕事においては結果が求められます。しかし、職種によっては減点方式で評価をされるような仕事も少なくありません。その場合、ミスをしなくてあたりまえと思われ、なかなかプラス評価や達成感を得にくいでしょう。

あるいは、成果を出しやすいと言われる営業系の仕事でも、いくら頑張ってもそのときの情勢などで努力が報われにくい時期があるかもしれません。

つまり、仕事では成果が求められるものの、あまり大きな目標を掲げてしまうと自分のコントロールが及ばないことに左右されることになり、なかなか達成感を得られなくなってしまうということです。そして、その代わりに、達成感を得られない自分への自己嫌悪や情けなさを感じるようになります。

では、どうしたらいいかというと、大きな目標はあってもいいのですが、そこに至るまでのプロセスを1年、1ヶ月、1週間、そして日々できることのレベルにまで落としこんで、毎日小さな達成感を味わえるようにするのです。

そうすれば、日々自分にダメ出しをする必要がなくなります。何より、プロセスを味わいながら大きな成果を目指すという、プロセスと成果のいいとこ取りができるようになります。


(次ページ)「幸せになりたい」という言葉も・・・

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1351件)

show

2017.12.13 new 272.その成分はトリガーとなるか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.12.07 new 94.40枚規制緩和論の浅はかさ 【世塵・風塵】

2017.12.06 new 271.ポリファーマシー解消にはほど遠い実態 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.29 270.空気は点数と無関係という自信 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.22 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20255件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5729件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:12月06日~12月13日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月06日~12月13日

もっと見る