新着記事・レポート

カテゴリーを選択

特集記事

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『患者さんの権利』1.患者の義務について考える

『患者さんの権利』1.患者の義務について考える

2011年08月15日 (月) 09時00分配信 投稿日:11/08/15 09:00 icon_view 364view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 364view

患者さんの権利という言葉は、私たち医療従事者はどこかで必ず耳にするものであり、一番身近なものです。
定義として有名なものは、1981年ポルトガル・リスボンにおける世界医師会第34回総会で採択されたリスボン宣言(患者の権利に関する世界医師会(WMA)リスボン宣言)でしょう。

参考URL(日本医師会訳):http://www.med.or.jp/wma/lisbon.html 

その内容のうち項目として以下に示すと、
・良質の医療を受ける権利
・選択の自由
・自己決定権
・意識喪失患者の代理人の権利
・法的無能力者の代理人の権利
・情報に関する権利
・秘密保持に関する権利
・健康教育を受ける権利
・尊厳性への権利
・宗教的支援を受ける権利
となります。
抜粋すると、患者は誰でもいつでも、公平かつ最良の医療行為を受けることが出来ます。患者は、法律や医の倫理に反する場合を除き、医師、病院および治療を自由に選択し、その選択のために必要な教育を受けたり、情報を得たりすることが出来、治療行為を承諾または拒否することが出来ます。
患者本人の意識がない場合、未成年の場合、また法的無能力者の場合は、法定代理人にインフォームドコンセントを得なければならないが、その場合でもできる限り本人にも参画させる必要があります。
カルテ情報は患者自身の生命や健康に重大な害を与える恐れがある場合を除き、患者本人に開示されねばなりません。患者自身が望む場合や第三者の生命の危機に関与する場合を除き第三者に開示されません。
患者は尊厳とプライバシーを尊重され、最新の医学によって苦痛から救済される権利があります。また、人道的なターミナルケアを受け、できる限り安寧で尊厳を保った死を迎える支援を受ける権利を有します。
患者は自分が望む宗教的な支援を受ける権利と拒否する権利を有します。
これを読むと、なるほど弱者である患者さんは、強力な法的、倫理的なルールで守られており、自分自身が患者になった場合も(この宣言を採択した国々では)安心して治療を受けられると安心します。

(次ページ)ただ、いくら社会的な弱者であるから・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る