新着記事・レポート

カテゴリーを選択

特集記事

<<前の記事へ

次の記事へ>>

「第3回 PH cafe」レポート

「第3回 PH cafe」レポート

2010年03月17日 (水) 10時35分配信 投稿日:10/03/17 10:35 icon_view 313view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 313view

■「第3回PH cafe」ご報告



長かった寒空も陰りが見え出し桜も咲き始めた3月13日(土)に、第3回目となる「PH cafe」を開催いたしました。

今回のテーマは製薬に関わっていても部署によっては伺い知ることのない「市販後」「くすりを育てる」というテーマのもと、草間承吉先生にご講演いただきました。


プロフィール

 
草間承吉 先生
PMSフォーラム主宰

アップジョン(現ファイザー)に入社された後、約6年の営業及び営業企画を経験。

その後、市販後調査業務に従事して以来、外資系製薬会社(合計3社)に勤務しながら、医薬品、医療機器、医薬部外品等の開発から製造販売後までの安全性監視 業務を幅広く経験・管理・監督されてきた。

その間、業界活動においては製薬協PMS部会運営幹事、東薬工医薬品安全性研究会副研究会長、日薬連安全性委員会委員等を歴任し、DUSやPMS担当者研修講座の設立等に提言・参画。

現在、これまでの経験を生かしPMSフォーラムを設立し、製薬企業等からの業務相談に対応しながら、指導・教育を行う。




全体を通じて
PH-Cafe裏方としては、食事を取りつつ皆さんとざっくばらんに会社の枠、職能を超えたお話を伺えるのはうれしい限りです。会運営としては毎回改善すべき点があるため、次回はもっと良い会運営にしようとモチベーションにも繋がっています。

PH-Cafeに参加いただいた皆様、ご講演いただきました草間承吉先生、ありがとうございました。

PH-Cafeという限られた時間の中、草間先生がご準備いただいた資料の1/3ほどのご紹介となりました。PH-Cafeは基本、ハンズアウトの資料は 提供しない方針なのですが、草間先生のご厚意により、資料をご提供いただけることとなりました。参加された方、参加できなかった方も一読ください。

くすりを育てる(資料PDF)


セミナー内容
薬が上市されたのちの「市販後調査」について、その歴史と日本並びにアジアの現状も実例を交えつつ、ご講演いただきました。薬価申請との関わりやPMDA とメーカーそれぞれに与えられている承認時間(タイムクロック)の攻防など、多岐にわたるトピックを挙げていただきました。

またメインであるPMSの三本柱として再審査制度、再評価制度、副作用・感染症報告制度などの内訳についてもお話いただけました。基準の変遷を交え、「市 販後調査の実施に関する基準」としてGPMSP(Good Post Marketing Surveillance Plactice)として制定された目的、意義についてもお話いただきました。

詳細は資料をご確認ください。

(次ページ)写真で振り返る「第3回PH cafe」…

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る