新着記事・レポート

カテゴリーを選択

特集記事

<<前の記事へ

ジェネリックに関するまとめ(薬剤師アンケートより)

ジェネリックに関するまとめ(薬剤師アンケートより)

2017年06月15日 (木) 07時00分配信 投稿日:17/06/15 07:00 icon_view 185view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 185view

厚労省が主導となり切り替えを進めているジェネリック医薬品(AG/GE、以下ジェネリック)。平成30年3月末までに、数量シェアを60%に引き上げるという目標が設定されています。 ジェネリックに関するアンケートは、ココヤクでも過去に何度か行ってきましたが、今年3月にも大規模な意識調査を行いました。
そこでこれを機会に、ココヤクでこれまで実施したさまざまなジェネリックに関するアンケートを振り返ってみました。

*この記事は2017年9月21日に更新しました。

 
【関連Q&A】
Q.みなさんの薬局ではジェネリックを採用するとき何を決め手にメーカーを決定されていますか?
Q.ジェネリック医薬品は先発品と成分・用量は同じだと聞きますが、剤形なども同じなのでしょうか?
Q.アリセプト3mg錠は医師照会なしで後発(ジェネリック)変更可能?
Q.ジェネリック医薬品のメーカーを指定する困った患者様の対応方法を教えてください!
Q.ジェネリックが合わず、途中で先発に戻す場合の対応方法は?
Q.「ジェネリックへの変更欄」に印鑑がない処方箋。患者にジェネリックに変更するかを聞くことは義務?
 
 

CONTENTS

1.オーソライズドジェネリックとは??
2.薬局でジェネリックを希望する患者は多い?
3.薬局での上手なジェネリックの勧め方
4.あなたの薬局はどうしてる?ジェネリック医薬品の選び方
5.ディオバンGEトップはAG「サンド」
6.ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大

 

1.オーソライズドジェネリックとは??

まずは、基本中のキホンとして「オーソライズドジェネリック(AG)」の定義から。薬剤師でありココヤク運営部でも活動していた500さんのブログでは、オーソライズド= Authorizedのもつそもそもの意味からひもとき、「品質の違い」「製薬会社の視点」「薬局経営の視点」という3つの視点から、AGについて鋭く突っ込み解説しています。

▼記事はコチラ▼
オーソライズドジェネリック(AG)とは何か?一言で言うと…

 

 

 

2.薬局でジェネリックを希望する患者は多い?

薬局を訪れてジェネリックを希望する患者さんについて、薬剤師から見た印象がまとめられています。2014年10月に行ったこのアンケートでは、ジェネリックを希望する患者さんは3 人に2人とかなり高い割合を示し、意思表示の方法は「薬剤師からの変更説明」と「問診票による意思表示」がほぼ同数でした。
また意思表示がなくとも薬剤師からの説明によって切り替えに同意した患者さんの割合も、70~80%と高く、切り替えによるメリットがすでに浸透してきていたことがうか がえます。
その他、説明の仕方についての工夫も多数紹介していますので、お勧めトークのコツがみつかるかもしれません。

▼記事はコチラ▼
意思表明が無い患者さんに説明をして納得してもらった割合は、70%以上が4割強…

 

3.薬局での上手なジェネリックの勧め方

患者さんに上手にジェネリックを勧める方法に焦点を当てて実施したアンケート結果です。
この調査では、74%の薬局がジェネリックを推奨していましたが、特に難しいものとして、価格差が小さいものや短期処方で負担金にあまり差が出ないものについて、皆さ んがどのよ うに説明しているかという工夫が紹介されています。
また苦労している点としては、「高齢者にはジェネリックという言葉がわからない」「門前医が認めないため在庫が廃棄になってしまった」など、おなじみの薬剤師の悩み が浮かび上がっています。

▼記事はコチラ▼
後発医薬品推奨の際、みなさんが強調して説明されているのは負担額と効果についてで…
 

 

 
 

4.あなたの薬局はどうしてる?ジェネリック医薬品の選び方

2013年と少し前の調査ですが、薬局がどのメーカーのジェネリックを採用しているかについて、具体的なメーカーを挙げていただき調べた結果です。トップが沢井薬品、2位が日医工 、3位が東和薬品とジェネリックの主力メーカーが名を連ねています。
勢力図は当時と今では異なっているのか、もう一度、同じ調査をしてみたくなりますね。

▼記事はコチラ▼
ジェネリック医薬品の採用理由に、多くの人が安定供給をあげています…

 

5.ディオバンGEトップはAG「サンド」

2014年6月、厚労省が新たなジェネリック454品目を薬価収載したことをきっかけに実施したアンケートです。平成26年度に調剤報酬が改定されたあとはじめてのジェネリック品の薬価 収載に加え、ディオバンやブロプレスといった大型製品が薬価収載されたというトピックスがありました。そこで行われたディオバンのジェネリック作用についてのアンケートです。な ぜ、何を選んでいるのか、という薬剤師さんたちの動向が見えてきます。

▼記事はコチラ▼
ディオバンのジェネリック医薬品についての採用予定に聞いたところ57%が「採用予定」と回答…

 

 

 

6.ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大

こちらが今年3月に行った最新のアンケート結果です。ジェネリックの推薦だけでなく、一度ジェネリックへの切り替えを断った患者さんにどう勧めているか、その際、薬剤師側の動 機となっている事柄は何か、また患者さんの反応はどういったものかといった薬剤師-患者さん双方の意識の動きがみえてきます。
「今後さらにジェネリックを普及させるために優先すべきことは何か」への回答など、薬剤師の皆さんが医療行政・経済のありようを真剣に考えている姿が浮かびます。ぜ ひ参考にしてください!

▼記事はコチラ▼
Q.過去にジェネリックを希望せず、今も先発医薬品を継続して服用している患者さんに対して、ジェネリック医薬品を推奨することはありますか?



byココヤク運営部

 

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.20 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20034件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5677件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:10月10日~10月17日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月10日~10月17日

もっと見る