新着記事・レポート

カテゴリーを選択

がん治療(7件)

  • 6.薬学生が考える“薬薬連携”とは?

    1.はじめに 薬学教育が6年制になり、今年初めて卒業生が出ました。4年制時代と大きく変わったことは、病院と薬局ともに11週間の実務実習が必修になったことです。そしてこの長期実務実習で学んだこと…

    配信日:12/07/16 09:00 view381view comment回答:0 goodGood:3
  • 5.薬薬連携の重要性 -病院薬剤師の立場から-

    1.はじめに  私が社会人になった約10年前から、薬薬連携の重要性について常日頃から耳にしてきました。しかし現在、薬薬連携が大きく進歩したかというと、十分には連携ができていないというのが現状か…

    配信日:12/06/27 09:00 view395view comment回答:0 goodGood:0
  • 4.薬薬連携の重要性‐薬局薬剤師の立場から-

    1.はじめに   日本人の 3 人に 1 人ががんを死因とする現在、がんは多くの日本人が直面しうる疾患です。がんの治療法には外科療法・放射線療法・化学療法があり、最近ではいくつかの治療法を組み…

    配信日:12/06/11 09:00 view443view comment回答:0 goodGood:1
  • 3.臨床腫瘍薬学研究会(薬薬連携)

    1.はじめに  私の勤務する調剤薬局は、内科・小児科・耳鼻咽喉科・整形外科の門前として地域密着型の業務を行い、在宅医療へも少しずつ取り組んでいます。また、応需する処方せんは多岐にわたり、月に数…

    配信日:12/03/22 09:00 view299view comment回答:0 goodGood:2
  • 2.臨床腫瘍薬学研究会(薬局薬剤師としての活動)

    1、はじめに  私が現在勤務している店舗は、東京女子医大病院の門前に在ります。東京女子医大病院は、東京都のがん診療連携拠点病院です。その門前薬局にいながら、がん患者のサポートができないのは問題…

    配信日:12/02/23 09:00 view531view comment回答:1 goodGood:4
  • 1.臨床腫瘍薬学研究会について

    1.はじめに  わが国では、2人に1人ががんに罹患するといわれており、年間30万以上の人ががんでなくなっています。そのため国ではがん対策として第3次対がん10か年総合戦略やがん対策基本法など様…

    配信日:12/02/01 09:00 view424view comment回答:0 goodGood:1
  • 著者プロフィール(遠藤一司)

    ■この記事について 近年、がん医療は大きな変換期を迎えています。 副作用が少ない抗がん剤や新しい治療法の開発によって、外来通院をしながら治療を継続される患者さんも増えています。…

    配信日:12/01/31 09:00 view3443view comment回答:0 goodGood:1

記事・レポート(1340件)

show

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 new 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.27 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19850件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5618件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月13日~08月20日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月13日~08月20日

もっと見る