★今週の気になるTOPICS&NEWS★
現役管理薬剤師でもあるココヤクサポーターそこかしこが、今週気になったニュース、イベントなどを紹介します!

そこかしこさんのブログ

そこかしこさんのプロフィールへ
調剤薬局

漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ 【19年2月6日】

投稿者:そこかしこ 投稿日:18/01/20 13:29 view64view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:3人

★今週の気になるTOPICS
西洋医学だけでなく、エビデンスのあるものについては東洋医学も認められるのでしょうか?


1.漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ 日本の漢方、地位向上へ

国際的に統一した基準で定められた疾病分類である「国際疾病分類」(ICD)に、伝統的な東洋医学(漢方薬や鍼灸)の章が追加される。 まだまだ少ないものの、漢方の臨床試験の論文も出てきてますね!

http://www.sankei.com/life/news/180109/lif1801090004-n1.html

2.腸活ブーム再来? 乳酸菌系整腸薬が好調 2017年11月度 一般用医薬品(OTC)カテゴリーランキング
前月から好調な目薬カテゴリーは新製品と洗眼薬がけん引


株式会社アンテリオが発表した全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2017年11月度一般用医薬品カテゴリーランキング」の紹介記事です。

乳酸菌系の整腸薬が伸び。エナジードリンクが低調に。最近乳酸菌の入った食品もたくさん出てますね。

 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000336.000001551.html


3.「のどが痛い」「気持ち悪い」…人気のクレベリン、体への危険性は? 薬剤師が解説

「クレベリン」に含まれる二酸化塩素の効果と毒性についての解説。「空間除菌」は
ほんとうに効くの?と聞かれたときのための記事です!

 http://biz-journal.jp/2018/01/post_21886.html


4.高齢運転者「認知症診断怖い」 京都、増える免許返納

75歳以上のドライバーは免許更新期限前(180日前から可能)に認知機能検査と高齢者講習を受ける必要がある。
認知機能検査の結果次第では医師による診察が行われる可能性があり、ここで認知症と診断されれば免許返納となる。
認知機能検査を受けて認知症と診断されるのが怖いために、免許を返納する高齢者が多いとのこと。
地方在住者の場合、交通の足が奪われ生活がままならなくなるおそれがある。
住み慣れた地域で住めなくなる支障にもなりますね。

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180108000080


5.ライバルの飲み物に禁止薬物 カヌー日本代表候補が混入 昨年9月

禁止薬物を混入した選手は、日本カヌー連盟や日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の調べに対し、2020年東京五輪出場が危うくなったと感じライバルを陥れようとした、と説明している。

アスリートの方はドーピングを疑われないように、いろいろな工夫をしていますが、混入される心配をしないといけないとなると更に大変になりますね。

ライバルに出し抜かれる不安もあります。

https://www.asahi.com/articles/ASL1677LML16UTQP04T.html


6.看護師の復職支援、研修費を一部補助…政府検討

政府は、社会人が最新技術などを学び直す「リカレント教育」について、看護職員の復職を重視し、財政支援を手厚くする方針を固めた。

医学の進歩のめざましさについていけず復職せずにそのままとなっている看護師の支援を重視。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180109-OYTET50040/


7.確かな医療とは/中 薬の過剰投与 医師・患者ともリスク軽視

抗菌薬や、睡眠薬など日常的に使用される薬の処方が問題になっている。これらのもとになっているのはどんなことか。処方側、患者側の心理を含めて記事に。

https://mainichi.jp/articles/20180110/ddm/016/040/030000c


8.インフルエンザウイルスは通常の呼吸だけでも拡散していることが判明
 
こちらが紹介された論文です。
(メリーランド大学のミルトン教授のグループ)
 
Infectious virus in exhaled breath of symptomatic seasonal influenza cases from a college community
 
Flu may be spread just by breathing, new study shows; coughing and sneezing not required | UMD School of Public Health
 
インフルエンザ患者が出た場合は帰宅させ、隔離すること
インフルエンザワクチンの接種を行うこと
が大事としています。
 
http://gigazine.net/news/20180119-flu-spread-by-breathing/


9.生活習慣病の元凶は「孤独」にある! 友人が多いほど糖尿病になりにくい?
 
マーストリヒト大学のStephanie Brinkhues 氏らの研究チームは、中高年から高齢になると「社会的に孤立している人」よりも、「付き合いのある友人が多い人」ほど2型糖尿病になりにくい可能性があるとする研究成果を『BMC Public Health』2017年12月19日オンライン版に発表。ただし、まだ十分な検証の必要なものです。
 
 
 
10.糖尿病の食事療法と運動療法は「薬」より優れている 薬は減らせる
 
こちらも論文からの情報です。
食事療法と運動療法を中心とする生活改善プログラムを16週間を続けると、血糖コントロールが改善し、薬の量も減らせることが、英国のグラスゴー大学の研究で明らかに。
 

コメント

回答:0件

記事・レポート(1407件)

show

2018.08.20 new Part2_訪問薬局としての取り組みと工夫 【在宅高齢者の栄養状態…】

2018.08.15 new 307.想像以上に嫌われ者となっていた 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.13 new Part1_調剤薬局としての取り組みと工夫 【在宅高齢者の栄養状態…】

2018.08.08 306.休憩スポットとしての薬局利用の注意点 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.02 102.薬剤師と調剤業務 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(20864件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(10件)

show

ブログ(5400件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:08月14日~08月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月14日~08月21日

もっと見る