★今週の気になるTOPICS&NEWS★
現役管理薬剤師でもあるココヤクサポーターそこかしこが、今週気になったニュース、イベントなどを紹介します!

そこかしこさんのブログ

そこかしこさんのプロフィールへ
調剤薬局

医療情報、匿名加工し提供 医療ビッグデータ法基本方針閣議決定【18年5月26日】

投稿者:そこかしこ 投稿日:18/05/12 08:07 view75view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:3人

★今週のTOPICS
医療ビッグデータ法で、日本人にあった治療方法の開発が期待される反面、
個人の情報が漏れる心配もあります。法律ではそのようにならない工夫についても行われるようです。


1.医療情報、匿名加工し提供 医療ビッグデータ法の基本方針閣議決定

医療ビッグデータ法の基本方針を閣議決定
正式名称は次世代医療基盤法です。国民の健康情報を集めて、疾患や体質副作用の
データから日本人にあった治療法や薬の開発につなげます。


次世代医療基盤法の施行に向けた
検討の状況について(内閣官房 健康・医療戦略室)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/jisedai_kiban/dai5/siryou1.pdf

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29937220X20C18A4EA3000/


2.新たな一歩となるか。まったく新しいがん治療法が、いよいよ国内で治験開始へ

「光免疫療法」
この治験が今年中に開始される予定。
原理は、がん細胞に発現の多いEGFR(上皮成長因子レセプター)に結合する抗体に、近赤外線が当たった時だけ反応する物質を結合させ、通常の治療と同様に点滴を投与することでがん細胞に抗体を結合させるというもの。

https://www.gizmodo.jp/2018/04/mugendai-cancer-treatment.html


3.ギャンブル依存症、切り札なし…カジノ誘致の自治体「白紙状態」

政府はカジノを含む統合型リゾート(IR)の実施法案について決定。
法案では、全国3か所を上限にカジノ設置を認める。ギャンブル依存症に対する懸念は根強く、誘致の可能性が取りざたされる自治体からも「対策は白紙状態だ」などと慎重な声が漏れる。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180427-OYTET50020/


4.アストラゼネカ、非小細胞肺がん3次治療ARCTIC試験の結果を報告

前治療として少なくとも2レジメンの治療を受けた局所進行もしくは転移非小細胞肺がん(NSCLC)患者さんを対象とする第III相 ARCTIC試験の結果概要を発表

https://www.astrazeneca.co.jp/media/press-releases1/2018/2018042601.html


5.医師との相性が悪い!と思ったらやるべき3つの対策

医師の武矢けいゆうさんが提案する、医師の立場から見た患者さんにとって最善の方法を紹介します。

外科医の視点(武矢けいゆうさんのブログ)
「病院を変える時(転院時)やセカンドオピニオン外来時の注意点と準備すべきこと」
http://keiyouwhite.com/change

https://medical.jiji.com/topics/566


6.オーラルフレイル…口の機能の衰え、早めに防いで健康長寿

口の機能(乾燥、嚥下、咀嚼)の低下を早めに発見し対策を練ることで、健康寿命の延長を目指す。

https://www.sankei.com/life/news/180420/lif1804200022-n1.html


7.肥満と減量 高齢者はフレイルに注意

肥満の高齢者には筋力トレーニングと有酸素運動両方必要。
アメリカでの研究では、有酸素運動 筋力トレーニング単独、両方でも体重減少は同じでも、運動能力の向上では両方やると効果的という結果に。また、骨密度や筋肉・骨の重さを維持するには筋力トレーニングが重要との結果が出ました。

https://www.sankei.com/life/news/180410/lif1804100023-n1.html


8.8割強の回答者が今後の日本での医薬品へのアクセスに懸念 高額でも効果の見込める革新的な治療薬を望む」意見が、「新薬が減っても価格を抑えるべき」という意見を上回る

 
米国研究製薬工業協会の調査。昨年10月に日本で18歳以上の男女3050名を対象に調査しました。
その結果がこちら。
 


9.不妊治療、1歳上がると流産リスク15%増 日医大分析

仙台市で開かれる日本産科婦人科学会発表された日本医科大学の研究。2009-2013年に不妊治療で受診した22万例を調査してまとめられた。1歳上昇するごとにリスクが1.15倍になる。

https://www.asahi.com/articles/ASL5946T2L59ULBJ004.html


10.特定の遺伝子領域を失わせるとアルツハイマー病の原因物質が減少 理研、マウスのゲノム編集で発見

 
理化学研究所プレスリリース。(記事中に利権のプレスリリースへのリンクがあります)現時点ではマウスのゲノム編集の段階。人間でも当てはまるのか、実際にアルツハイマー病にかかりにくくなるのかについてはわかっていません。
 

コメント

回答:0件

記事・レポート(1406件)

show

2018.08.15 new 307.想像以上に嫌われ者となっていた 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.13 new Part1_調剤薬局としての取り組みと工夫 【在宅高齢者の栄養状態…】

2018.08.08 new 306.休憩スポットとしての薬局利用の注意点 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.02 102.薬剤師と調剤業務 【世塵・風塵】

2018.08.01 305.オンライン服薬指導は待ったなし 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20855件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(11件)

show

ブログ(5397件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:08月08日~08月15日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月08日~08月15日

もっと見る