業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

検査薬のスイッチ化、検討対象は十数項目‐規制改革WGで見通し‐厚生労働省

2014年11月15日(土)15時00分配信 配信日:14/11/15 15:00 icon_view726view icon_view726view

厚生労働省は、6日に開かれた規制改革会議の「健康・医療ワーキング・グループ」(WG)で、現在、検討が進められている医療用検査薬の一般用への転用について、血液を検体に用いる検査項目がスイッチ化の対象から除外された場合、「最終的に十数種類が検討の対象になるだろう」との見通しを示した。

厚労省は、先月10日の薬事・食品衛生審議会医療機器・体外診断薬部会に提示した「一般用検査薬の導入に関する一般原則の見直しに関する骨子」(案)について今回説明。骨子では、一般用検査で用いる検体について、侵襲性のないものを対象にするとの方向性を示した上で、「特に血液を検体とする検査を一般用検査薬とすることは難しい状況にある」としている。

会議終了後に会見した、内閣府の大熊裕二規制改革推進室参事官によると、厚労省は、日本臨床検査薬協会や日本OTC医薬品協会がスイッチ化を要望している49項目のうち、「血液を検体に用いる検査項目が30種類くらいある」と説明。血液検体がスイッチ化の対象から除外されることにより、「残りの十数種類がスイッチ化の検討の対象になるだろう」との考えを話したという。

また、厚労省は糞便を検体に用いた便潜血検査も検討の対象になるとの考えを示したという。

骨子では、「悪性腫瘍など重大な疾患の診断にかかるものは除く」としており、侵襲性がなくても大腸癌の診断に用いる便潜血検査のスイッチ化はほぼ不可能との見方が広がっていたが、規制改革推進室によると、悪性腫瘍の診断にかかわる検査について厚労省は、「腫瘍マーカーのようなものをイメージしていることから、便潜血は検討の俎上から除かれたとは思っていない」との考えを示したという。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5571件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る