業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

処方せん記載方法の標準化を公表 厚労省

2010年02月02日(火)10時28分配信 配信日:10/02/02 10:28 icon_view1079view icon_view1079view
  厚生労働省は1月29日、内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会の報告書を公表した。同検討会は09年5月から11月にかけて5回行われ、処方せん記載方法の標準化などについて幅広く検討した。
  内服薬処方せん記載の在るべき姿として、(1)「薬名」は薬価基準に記載されている製剤名を記載する(2)「分量」は最小基本単位の1回量を記載する(3)散剤および液剤の「分量」は製剤量を記載する(4)「用法・用量」における服用回数・服用のタイミングについては標準化を行い、「×3」など情報伝達エラーの生じやすい表現を排除し、「1日3回朝昼夕食後」など日本語で明確に記載する(5)「用法・用量」における服用日数は、実際の投与日数を記載する―が基準とされた。
(情報提供元:
医療タイムス

Good 2

コメント

回答:3件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19948件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5650件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:09月15日~09月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月15日~09月22日

もっと見る