運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

新薬創出等加算「薬価制度の一部に」、ワクチン定期接種「追加プロセス可視化を」‐PhRMA・フレージャー会長

2015年06月05日(金)10時01分配信 配信日:15/06/05 10:01 icon_view603view icon_view603view

米国研究製薬工業協会(PhRMA)のケネス・フレージャー会長(米メルク会長兼CEO)が来日し、3日に開いた記者会見で新薬創出等加算制度について言及。「予測可能で一貫した長期政策が必要であり、現行の薬価制度による2年ごとの改定を評価している」と述べ、「新薬創出等加算を薬価制度の一部として組み込み、2年ごとの更新による不安定要因を排除し、その後はこの制度に変更を加えないことが肝要」として制度化を求めた。

フレージャー氏は、「医薬品費用は社会と国への投資であり、単なるコストとして扱われるべきではない」と強調。海外承認薬剤が日本で使えないドラッグラグが解消した理由の一つとして、新薬創出等加算制度を挙げ、「イノベーションの促進による投資が増加し、患者が世界で最も新しく、安全で優れた医薬品を迅速に入手できるようになった」との考えを示した。

その上で、「目覚ましい進歩を逆行させないことが重要」と述べ、新薬処方を14日間に限定する現行規制について、「大幅な改正がなされるよう、引き続き要請していく」との立場を表明した。

一方、ワクチンに関しては、「国の定期接種プログラムに対して、ワクチン追加プロセスが可視化され、タイムリーに行われることを期待する」と述べ、「新たなワクチンの承認プロセスや副作用モニタリング・管理における政府の評価や意思決定が、非科学的な圧力ではなく、科学的根拠に基づいて行われることが重要」と科学的な見地からの意思決定プロセスの確立を要望した。

また、医師や一般者に対するワクチンの啓発を目的に、日本国内でシンポジウムを開催していることについては、「私たちの最優先事項の一つ」と語った。

y11581_01-02


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る