業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

化血研ワクチンの出荷容認、「ビームゲン」と「エイムゲン」‐厚生労働省

2016年02月01日(月)10時00分配信 配信日:16/02/01 10:00 icon_view618view icon_view618view

■全医薬品の一般名処方を評価

厚生労働省は1月29日、化学及血清療法研究所が製造販売している組み換え沈降B型肝炎ワクチン(酵母由来)「ビームゲン注0.25mL」「同注0.5mL」、乾燥組織培養不活化A型肝炎ワクチン「エイムゲン」の出荷自粛を解除した。9月から承認書と違う方法で製造していたワクチンの出荷自粛が要請されていたが、厚労省の品質検査の結果、安全性に影響はないと結論づけられたことから、今月にも予想される供給不足を避けるべきと判断した。

化血研は、組み換え沈降B型肝炎ワクチン(酵母由来)「ビームゲン注0.25mL」「同注0.5mL」、について、177カ所が承認書と異なっていたことを報告している。

厚労省は、これらのうち製品への影響が懸念される無菌試験法の実施方法に関する1カ所について、新たに詳細な資料を求めて品質・安全性を確認した。

その結果、製品の品質・安全性等に重大な影響を及ぼす可能性は低いと判断。同じ組み換え沈降B型肝炎ワクチン(酵母由来)のMSDの「ヘプタバックス-II」の在庫見込みを考慮し、厚生科学審議会感染症部会に報告された意見書を踏まえ、改めて委員に意見を求めたところ、クワトロバックの出荷を認め、供給不足を避けるべきと結論された。

組み換え沈降B型肝炎ワクチン(酵母由来)は、化血研のシェアが79.9%と8割を占め、4月頃には月末在庫量を医療機関への納入量が上回り、市場が逼迫する状況に陥ると見込まれていた。

また化血研は、乾燥組織培養不活化A型肝炎ワクチン「エイムゲン」について、107カ所が承認書と異なっていたことを報告。厚労省は、全ての項目を確認したところ、製品の品質・安全性等に重大な影響を及ぼす可能性は低いと判断。化血研シェア100%で代替品がなく、今月にも在庫が逼迫すると予想されることから、出荷を認め、供給不足を避けるべきとされた。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5571件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る