運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

後発品シェア60%突破‐11月の調剤医療費動向‐厚生労働省

2016年05月13日(金)10時00分配信 配信日:16/05/13 10:00 icon_view411view icon_view411view

厚生労働省は、昨年11月の調剤医療費(電算処理分)の動向を発表した。それによると、調剤費は前年同期比12.1%増の6354億円、処方箋1枚当たり調剤医療費は9.6%増の9634円だった。後発品の数量シェアは60.3%と60%を突破した。

11月の調剤医療費の内訳を見ると、技術料が3.3%増の1472億円、薬剤料が15.0%増の4872億円。薬剤料のうち、後発品薬剤料は17.5%増の686億円だった。

薬剤料の約85%を占める内服薬は、577億円増の4085億円。薬効分類別で総額が最も多い循環器官用薬が32億円増の883億円となった。伸び幅が最も高かったのは化学療法剤の345億円で、総額は485億円となった。処方箋1枚当たりの調剤医療費を都道府県別に見ると、最も高かったのは京都府の1万2035円で、最も低かったのは福岡県の8619円だった。また、伸び率が最も高かったのは和歌山県の27.8%で、最も低かったのは新潟県で3.8%だった。

後発品薬剤料から後発品の割合を見たところ、数量ベースで60.3%、薬剤料ベースでは14.1%と、数量ベースで初めて60%を突破した。全処方箋枚数のうち、後発品を調剤した処方箋枚数の割合を示す後発品調剤率は63.8%となった。

都道府県別の後発品数量ベースは、沖縄県が72.8%で最も高く、徳島県が50.7%で最も低かった。後発品調剤率についても沖縄県が74.5%と最も高く、山梨県が56.7%と最も低かった。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る